注目のスタートアップ

理系学生と企業をつなぐスカウトサービス「LabBase就職」などを展開する「LabBase」が資金調達

company

2022年9月15日、株式会社LabBaseは、資金調達を実施したことを発表しました。

LabBaseは、理系学生と企業をつなぐスカウトサービス「LabBase就職」や、研究開発者・技術者と企業をつなぐスカウトサービス「LabBase転職」、研究室検索サービス「LabBase研究室サーチ」、理系新卒採用イベント「LabBaseキャリアイベント」を展開しています。

今回の資金は、ソフトウェアエンジニア・リサーチエンジニアの採用や、新規事業の開発などに充当する予定です。

理系の学生は大学院への進学率が高く、およそ40%ほどが大学院へと進学しています。

理系の就職ではその専門性が重要となります。大手企業では博士採用枠が用意されていることもあり、学生の専攻と企業の事業内容が合致すれば比較的容易に研究職が見つかることがあります。

一方で、博士を必要としている企業としていない企業の差は激しく、既存の就職活動の仕組みでは、この企業を見分けることが困難です。そのため学生は見込みのない企業に応募することとなり、非効率的な就職活動をせざるを得ない状況に置かれています。

近年は、さまざまな領域で技術革新が激しく、企業における研究開発の重要性も高まっています。

こうした背景から博士を受け入れる体制を構築している企業も増加しており、こうした企業と理系学生を適切にマッチングするサービスのニーズが高まっています。

専門性の高い事業では、適切な人材を採用することが成長の鍵です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ LabBase LabBase就職 LabBase転職 スカウト ダイレクト・リクルーティング マッチング 人材採用 企業 学生 就活 就職 就職活動 新卒採用 株式会社 理系 研究者 研究開発 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

新型コロナウイルス対策として遠隔会議の音声翻訳ツール「オンヤク」リリースへ
2020年2月27日、株式会社ロゼッタは、「オンヤク」のサービス提供を2020年3月から開始することを発表しました。 「オンヤク」は、Web上の遠隔会議中において、異なる言語間の会話音声を認識し、発話…
心臓リハビリ治療用アプリなどを開発する「CaTe」が1億円調達
2022年3月10日、株式会社CaTeは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Coral Capitalです。 CaTeは、外来心臓リハビリを自宅で行うことができる心臓リハビリ治…
運動習慣を形成するヘルスケアアプリ運営の「BeatFit」が2億円調達
2021年10月19日、株式会社BeatFitは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 運動不足を解消するヘルスケアアプリ「BeatFit」を開発・運営しています。 オリジナル製作の音…
脳波の取得・分析サービス提供の「CyberneX」が資金調達
2021年9月29日、株式会社CyberneXは、資金調達を実施したことを発表しました。 脳波計測機能付きイヤホン型デバイス(Ear Brain Interface)の開発や、このデバイスを活用した実…
宅配収納サービス「サマリーポケット」とファッション専業ECモール「MAGASEEK」が提携
2020年10月26日、株式会社サマリーは、マガシーク株式会社と業務提携することを発表しました。 サマリーは、宅配収納サービス「サマリーポケット」を提供しています。 マガシークは、ファッション専業EC…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ