注目のスタートアップ

eスポーツコミュニティプラットフォームを展開する「GauG」が資金調達

company

2023年8月1日、GauG株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

GauGは、eスポーツコミュニティプラットフォーム「GauG(ゴーグ)」の開発・運営、eスポーツ大会「GGT(GauG Tournament)」の主催などを手がけています。

「GauG」は、ゲーマーもしくはチームとしてのプロフィールを登録し、プラットフォーム内のSNS機能でフレンドやチームメンバーの募集や、配信・イベントの告知などができるコミュニティプラットフォームです。

また、ゲームの大会を主催・運営できるトーナメント機能も備えています。

今回の資金調達により、NFT×ファンタジースポーツ×eスポーツの新サービスを開発・提供します。

この新サービスは、プロ選手のカードを集め、架空のオリジナルチームを作成して対戦するファンタジースポーツをeスポーツで展開するものです。プロ選手のカードをNFTとして発行・販売することで、カードの希少性・コレクション性を生み出し、ファン・チーム・選手のつながりを強化します。


eスポーツ市場は、コロナ禍による巣ごもり需要と、eスポーツ大会の賞金が上限10万円になるという景品表示法の解釈が消費者庁によって改められ、高額な賞金を掲げた国内大会の開催に関する問題点がなくなったことから、近年国内でも成長が目立つ市場のひとつとなっています。

2022年には、日本のeスポーツファン(試合観戦・動画視聴経験者)の人口は700万人を超え、2023年には国内市場規模が130億円程度になるとみられています。

一方、eスポーツも既存のスポーツと同様に、一部のゲームタイトル・チーム・リーグに人気が偏ってしまうという課題を抱えています。

この環境下では、資金を得られないチームやゲームタイトルは持続的に成長することができず、競技としても縮小していくことにもつながります。

こうしたなか、GauGは、eスポーツ・ファンタジースポーツ・NFTをかけ合わせた新サービスにより、eスポーツファンに新たなゲームの楽しみ方を提供すると同時に、プロチーム・選手への注目を集めファンを創出することを目指しています。

ファンタジースポーツとは、実際の選手の成績と、自身がつくった理想のチームのスコアが連動する米国発祥のシミュレーションゲームです。チームのスコアによって他のプレイヤーと競い合い、賞金・賞品を獲得することができます。

米国ではプロリーグとタイアップを行うこともあり、プロスポーツと協力して成長を見せています。

GauG株式会社のコメント

このニュースを受けまして、GauG株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

日本および海外でのeスポーツ市場を盛り上げるべく、これまでにないNFT×ファンタジー×eスポーツのビジネスモデルを開発・展開するための資金調達です。

eスポーツファンや選手へ新たな体験を提供できるよう、ファンタジーeスポーツのプラットフォーム開発からNFT制作などへ資金を活用してまいります。

・今後の展望を教えてください。

日本のeスポーツ市場は海外市場と比較するとまだ規模は小さいですが、今後大きく成長するポテンシャルを秘めています。

そのポテンシャルを最大に引き出し、今後の日本のeスポーツ市場をさらに盛り上げてまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

このたびは素敵なご縁もあり、弊社のミッションとビジョンに共感いただき、新たなeスポーツの楽しみ方への挑戦に向け、投資参画いただきました。

今後もeスポーツコミュニティー強化に向けて新ビジネスモデルの開発はもちろん、既存プラットフォームにおいても新機能やコンテンツの開発に注力してまります。

これからの「GauG」にぜひご期待ください。

事業のさらなる成長には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eスポーツ GauG GGT NFT SNS Web3 イベント エンターテインメント ゲーマー ゲーム ゴーグ コミュニティ チーム ファンタジースポーツ プラットフォーム フレンド プロフィール 募集 大会 新サービス 株式会社 登録 資金調達 運営 選手 配信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

風況観測・シミュレーション・解析事業展開の「レラテック」が「豊田通商」と資本業務提携
2022年4月14日、レラテック株式会社は、豊田通商株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 レラテックは、高度な風況観測・シミュレーション・解析技術を有しており、風況調査とそのコン…
不動産ファンドオンラインマーケット「CREAL」 iOSアプリをリリース
2022年12月16日、クリアル株式会社は、不動産ファンドオンラインマーケット「CREAL(クリアル)」において、iOSアプリをリリースしたことを発表しました。 「CREAL」は、個人向けに大型不動産…
次世代AI OCR「SmartRead」などを提供する「Cogent Labs」が「NTTファイナンス」から資金調達
2023年10月3日、株式会社Cogent Labsは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、NTTファイナンス株式会社です。 Cogent Labsは、AIの認識・自然言語処理技術を活か…
患者中心の医療情報プラットフォーム開発の「Arteryex」が資金調達
2020年3月13日、Arteryex株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 企業向けヘルスケア・アプリ「健康銀行」を提供しています。 また、ブロックチェーンを活用し、患者自身が医療情報を…
金融教育FinTechサービス「ABCash」展開の「ABCash Technologies」が12億円調達
2022年3月30日、株式会社ABCash Technologiesは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ABCash Technologiesは、個人向けのお金のパーソナルトレ…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】