グローバルイノベーター創出プログラム「Beyond JAPAN Zero to X」

subsidy

日本貿易振興機構(ジェトロ)は、「Beyond JAPAN Zero to X」について発表しました。

「Beyond JAPAN Zero to X」は、次世代のイノベーションの担い手となる起業家・リーダーを育成し、日本の成長戦略に寄与する人材を育成するグローバルイノベーター創出プログラムです。

特徴

渡航費・宿泊費・プログラム費全て無料

・創業間もないスタートアップでも参加しやすいよう、経済的な負担を低くしています。
・渡航期間は、2・4・8週間の中から選べ、米国滞在期間中は時間を最大限に有効活用できるプログラム設計となっています。

事業フェーズにあわせ、カスタマイズされたプログラム

・渡航期間中の時間をフレキシブルに活用し、事業・アイデアの検証やMVP作成、顧客獲得などを推進できます。
・必要なタイミングで、日米でスタートアップの経験があるメンターおよびグローバルにネットワークを持つローカルアクセラレーターによる実践的なメンタリングやトレーニングも提供可能です。

渡航先は北米3地域(ロサンゼルス・サンディエゴ・オースティン)

自身のビジネス領域・顧客特性にあった市場から選択できます。

応募要件

1. 以下のいずれかに該当する者であること。
 ・スタートアップや米国展開を考える日本企業の社長/創業者や新規事業・海外展開責任者、または、それに準じる者
 ・米国展開を含む具体的なビジネスアイディアを有する者
2. エントリー締め切り日時点で満18歳以上になっていること
3. 同一企業からの参加者は2名以内であること

応募締切

サンディエゴ:2023年7月21日
ロサンゼルス:2023年7月28日
オースティン:2023年7月28日


1人あたりのGDPは、起業活動率と相関があることが研究によって明らかにされています。

起業活動率が高い国ほど、1人あたりのGDPが高い傾向にあることから、各国は経済成長のために起業しやすい環境を整備することを重視しています。

日本は、欧米諸国と比較すると起業活動率が低いという課題を抱えています。そのため、政府・自治体は起業を促進するため、さまざまな支援策を講じています。

たとえば、起業家向けの補助金や融資制度、研修制度などがそれにあたります。さらに近年は、スタートアップの成長を後押しするため、VC(ベンチャーキャピタル)による投資も活発になってきています。

しかし、日本におけるVCによる投資額は、米国に比べると大きく差があります。米国では、2019年に1,334億ドル(約15兆円)の投資が行われましたが、日本では2,162億円にとどまっています。

このように世界は、日本よりもはるかに大きな市場です。もし米国市場に参入できれば、日本では考えられない規模の資金調達ができるかもしれません。しかし海外展開にはさまざまなノウハウが必要となり、その足がかりをつかむのにも大きな困難が伴います。

そこで、公的機関などが実施している、海外展開を支援する制度などを最大限に活用することが重要です。

海外市場は非常に大きな市場であるため、参入することで利益の向上を見込めます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、海外展開の始め方のノウハウについて詳しく解説しています。

また、企業の成長のためには資金調達も重要です。「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ Beyond JAPAN Zero to X アクセラレーター イノベーション イノベーター グローバル ジェトロ スタートアップ プログラム リーダー 人材 創出 創業 成長 戦略 担い手 日本 日本貿易振興機構 海外展開 育成 起業家
詳細はこちら

Beyond JAPAN Zero to X

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

金融包摂型FinTechベンチャーの「Global Mobility Service」が17億円調達
2019年9月2日、Global Mobility Service株式会社は、総額約17億円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoTデバイスと管理プラットフォームを車に搭載することで、これ…
宅配収納サービスの「トランク」が7億円調達!
平成30年1月30日、株式会社トランクは、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 宅配収納サービス「trunk」や、トランクルーム情報サイト「at.trunk」を運営しています。 「tr…
新入社員・職員の教育計画や人が育つ仕組みを構築する「Tenmaru式教育カリキュラム設計サービス」がリリース
2022年4月15日、株式会社Tenmaruは、「Tenmaru式教育カリキュラム設計サービス」をリリースしたことを発表しました。 「Tenmaru式教育カリキュラム設計サービス」は、新入社員・職員の…
IT運用サービスなど展開の「アイクラフト」が与信管理業務のアウトソーシングサービスなど展開の「リスクモンスター」と資本業務提携
2022年6月20日、アイクラフト株式会社は、リスクモンスター株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 アイクラフトは、情報システム業務をまるごとアウトソーシングできる「iSTAFF…
韓国人材に特化した採用支援サービス「KOREC」を運営する「ビーウェルインターナショナル」が1.15億円調達
2023年12月1日、株式会社ビーウェルインターナショナルは、総額1億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 韓国人材に特化した採用支援サービス「KOREC」を運営しています。 エンジ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】