注目のスタートアップ

コーチングサービス提供の「mento」(旧:ウゴク)が3.3億円調達

company

2022年4月6日、株式会社mentoは、3億3000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、米国シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタルWiL, LLCが運営するベンチャー投資ファンド「WiL Ventures III, L.P.」です。

また、2022年3月4日に、社名を株式会社ウゴクから株式会社mentoへと変更し、コーポレートブランドのリニューアルを実施しています。

mentoは、コーチングサービス「mento(メント)」を提供しています。

ビジネス・キャリア・人間関係などあらゆる悩みを抱える人に、専門のトレーニングを受けたプロコーチを紹介するコーチングサービスです。

人材育成・組織開発などを支援する法人向けコーチングサービス「mento for Business」も提供し、サービスの幅を広げています。

今回の資金は、事業者向けのサービス提供のさらなる加速のため、セールスチーム、エンジニア、プロダクトマネージャーの採用強化に充当されます。

コーチングは、講師から生徒に一方的に教えるような学習プログラムではなく、コーチングを受ける者(クライアント)の意思を把握し、目標達成・能力発揮のための成長を促すことを特徴としています。

効果が高いことから、欧米諸国を中心に上昇志向の強いビジネスパーソンなどに自己投資として活用されています。また国内においてもニーズが増加し、コーチングの市場規模は2015年の50億円程度から2019年は300億円ほどに拡大しています。

コーチングには様々な専門的なスキルが必要となります。またクライアントの目標によっても最適なコーチは異なってきます。そのため個人でコーチを見つけることは難しく、多くの場合「mento」のようなコーチングサービスを利用することになるでしょう。

「mento」は、すでに実務経験のあるプロのコーチのみを採用し、審査にあたっては国際コーチ連盟資格者を中心に行うことで、高品質な人材を確保していることを特徴としています。また、クライアントがコーチのプロフィールを見ながら選べる仕組みと相性が合わない場合に変更が可能という仕組みにより、コーチとクライアントのミスマッチを低減しています。

今後、企業ではDXが進み、自動化される業務が多くなっていくと考えられます。より創造的な仕事が求められることにより、社員のスキルを伸ばしていくための仕組みのニーズが高まっていくと考えられ、コーチングはそのひとつとして市場を拡大していくと予測されます。

企業を成長させるには人材の教育も必要です。コーチングやeラーニングなど様々な方法がありますが、古典的なものである読書も効率的かつコストパフォーマンスの良い学習方法のひとつです。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、書店員が選ぶ社員教育に使える本10選を紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ mento ウゴク コーチング 人材 成長 教育 株式会社 育成 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アプリそのものが病気を治療する「治療アプリ」開発・提供の「CureApp」が21億円調達
2021年3月12日、株式会社CureAppは、総額約21億円の資金調達を実施したことを発表しました。 革新的な治療法(デジタル療法)である治療用アプリを研究開発・提供しています。 2020年8月には…
需要予測AI開発の「New Innovations」が7,000万円調達
2019年7月30日、株式会社New Innovationsは、総額7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、世界初となる需要予測AI搭載無人カフェ・ロボット「√C(ルートシー)」…
「Wiz」がバックオフィス業務を一元管理・効率化するサービス「ジョブカン」を販売代理店として提供開始
2020年5月19日、株式会社Wizは、販売代理店として「ジョブカン」の提供を開始したことを発表しました。 「ジョブカン」は、勤怠・労務・経費精算・採用管理などのバックオフィス業務を一元管理し効率化す…
AI与信管理サービス提供の「アラームボックス」が1.2億円調達
2019年12月2日、アラームボックス株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 インターネット上の情報を活用したAI与信管理サービス「アラームボックス」を提供していま…
スマホで原材料蘭を撮影するだけでアレルギー表を作成する飲食店向けサービス「アレルギ一表作成代行サービス」が提供開始
株式会社CAN EATは、「アレルギ一表作成代行サービス」を開始したことを発表しました。 「アレルギ一表作成代行サービス」は、飲食店向けのアレルギー表の作成を代行するサービスです。 手持ちのスマートフ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ