注目のスタートアップ

「ONESEL」が資金調達 読者の最適解について考えるWebメディア「onesuite」をローンチ

company

2023年5月15日、ONESEL合同会社は、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、Webメディア「onesuite(ワンスイート)」をローンチしたことも併せて発表しました。

「onesuite」は、製品やサービスの魅力を伝えるため、検討プロセスから購買体験までのストーリーを映像とテキストによって発信するWebメディアです。

情報が飽和する時代において、安心して没入できるコンテンツを提供することを目指しています。

各分野に精通したライターによる記事で製品の魅力を最大化し、利用シーンをイメージできるような映像により、情報を発信しています。

また、読者が寄稿できるプラットフォーム機能を実装しています。

取り扱いジャンルは、PC、ガジェット、動画編集、アクティビティ、キャンプなど多岐にわたります。

今回の資金は、採用、組織体制の強化、専門機材などの設備投資に充当します。


「令和4年版情報通信白書」の図表3-8-1-3「主なメディアの平均利用時間と行為者率」によると、全世代でインターネットの利用時間が年々伸びている一方で、テレビ・新聞の利用時間は年々減少を続けていることがわかります。また、2021年のインターネットの利用時間は176.8分となっています。

インターネットの平均利用時間はテレビ・新聞・ラジオなどの主なメディアよりも長く、現在は社会においてもっとも利用されているメディアとなっています。

こうしたインターネットの利用時間・利用率の伸びに伴い、多種多様なWebメディアが登場しています。

一方、Webメディア市場ではアクセスを稼ぐため、SNSでバズることを主目的としたタイトルやコンテンツをつくる質の低いメディアも氾濫しており、全体的な質・信頼性の低下が課題となっています。

こうした背景から、近年は質の高いコンテンツによって差別化を図ることを目指すWebメディアが登場しています。

「onesuite」は、魅力的な購買体験を提供することを目指すWebメディアです。近年はEC市場が大きく成長しており、インターネットを通じて買い物をする人が増加しています。

ネットで買物をする場合は、実物を手にとって確認することができないことから、ネット上の記事や口コミなどが重要となります。一方で、SNSなどの口コミはあまりにも膨大であり、信頼できる情報を探すことが難しくなっていることから、Webメディアの重要性が高まっています。

信頼できる情報は起業においても武器となります。「冊子版創業手帳」では、起業家・専門家の生の声から情報を精査し、本当に使える起業ノウハウだけを掲載しています。無料で入手できますので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ONESEL onesuite Webメディア コンテンツ制作 テキスト メディア リリース ローンチ ワンスイート 制作 合同会社 情報 文章 映像 買い物 資金調達 購買体験
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

eスポーツチームや大会運営などeスポーツ事業を展開する「Fennel」が2億円調達
2022年3月2日、株式会社Fennelは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 eスポーツチーム運営事業、eスポーツ大会運営事業、アパレル事業を展開しています。 2022年3月現在、…
フリーランス向け業務管理ツールを提供する「Tooon」が資金調達
2023年1月16日、Tooon株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 Tooonは、フリーランス向け業務管理ツール「Tooon(トゥーン)」を開発・提供しています。 「Tooon」は、ポ…
ブロックチェーンゲームプラットフォーマー「YGG Japan」が4億円調達
2023年1月30日、株式会社ForNは、パートナーシップを締結するブロックチェーンゲームプラットフォーマーであるYGG Japanが、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株…
「Payn」が9,000万円調達 キャンセル料の請求業務をデジタル化する「Payn」β版をリリース
2022年10月5日、Payn株式会社は、総額9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Payn(ペイン)」のβ版をリリースしたことも併せて発表しています。 「Payn」は、レス…
専門医による遠隔集中治療ソリューション開発の「T-ICU」が1.53億円調達
2019年10月15日、株式会社T-ICUは、総額1億5,257万円の資金調達を実施したことを発表しました。 専門医による遠隔集中治療ソリューションを開発・提供しています。 遠隔地から集中治療医や専門…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】