注目のスタートアップ

株式会社E3Mobility 高橋良彰 | ゼロカーボンモビリティ(再エネxEV)の支援で注目の企業


ゼロカーボンモビリティ(再エネxEV)で注目なのが高橋良彰さんが2021年に創業した株式会社E3Mobilityです。

電気自動車(EV)と再生可能エネルギー(再エネ)を掛け合わせた、ゼロカーボンモビリティの導入を促進し、気候変動問題への具体的なアクションに対してのサポートを行っており、ゼロカーボンモビリティ(再エネxEV)専門員派遣サービスや電動車取扱い支援プログラムについて、今注目を集めています。

株式会社E3Mobilityの高橋良彰さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

再生可能エネルギー(再エネ)と電気自動車(EV)という異なる業界、異なるプロダクトを組み合わせて、カーボンニュートラルの実現に向けて行動を起こす方々を支援するコンサルティングサービスです。

その他、再エネとEVを利用する際に必要となる機能を実装したアプリや情報ポータルの開発を予定しています。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

環境政策に担当している自治体の担当者の方や、営業車等の社用車を電気自動車に置き換える担当を担っている方、カーボンニュートラル等のミッションを負っている法人の担当者の方、および、自動車の電動化とともに業態転換を必要としている販売会社等の自動車関連会社の方々です。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

再生可能エネルギーで走る電気自動車を導入する事業者、取扱う事業者を増やすことで、気候変動の脅威を軽減します。
    
電気自動車を導入するだけではカーボンニュートラルは実現されません。そこに充電する電力を再生可能エネルギーにする必要があります。
    
しかし、電力業界特有の規制やルールがあり、自動車業界の方々や他業界から見るととても難しく見えると思います。
    
そこで導入検討者の利用シーンに合わせて電力プランや電気設備を組み合わせた提案をする他、自動車販売事業者の方々に向けて電力や電気設備に関するノウハウの提供行うことで、電気自動車の販売を促進し、再エネを用いた電気自動車の導入を推進していきます。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

いまだ創業期の真っただ中ですが、創業時で言うと労務系の手続きが面倒でした。    
早くすべての手続きがデジタル化されてほしいと心から思いました。
    
創業手続きには、東京開業ワンストップセンターを利用しました。
定款認証や法人登記の手続きを一か所で相談しながらできるのはとてもよかったです。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

コンサルティングサービスから現場の課題を拾い上げ、それらの課題の解決策をアプリなどのプロダクトに落とし込んでいき、ユーザにとって不可欠な機能の提供者としてポジションを確立したいです。
    
会社としては、エンジニアやコンサルタントなどのプロフェッショナルな方々が、個々の個性を活かしながら、生き生きとワイワイガヤガヤと楽しんで仕事ができる環境を作っていきたいです。

・今の課題はなんですか?

人材の採用です。

アプリ開発やWEB開発のエンジニアや、事業立ち上げ、開発、拡販活動を一緒に推進していただける方、電気自動車や再生可能エネルギーを取り囲む業界のイノベーションを一緒に実現する方を募集しています。

・読者にメッセージをお願いします。

気候変動問題に対して具体的な行動を起こして、将来の世代が快適に暮らせる環境を創り出したいと思ってチャレンジしております。
社会課題の解決とともに、会社としても成長していきます。

会社名 株式会社E3Mobility
代表者名 高橋良彰
創業年 2021年10月
住所 東京都千代田区神田猿楽町
サービス名 ゼロカーボンモビリティ(再エネxEV)専門員派遣サービス、電動車取扱い支援プログラム(自動車関係事業者向け)
事業内容 再生可能エネルギーおよび電気自動車に関連したコンサルティングサービスおよびソリューションの企画・開発・運営
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ E3Mobility EV カーボンニュートラル スタートアップ 再エネ 脱炭素 高橋良彰
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スタートアップの資金調達と投資家の管理業務を効率化「smartround」がアドバイザー・アカウントの提供を開始
株式会社スマートラウンドは、「smartround」においてアドバイザー・アカウントの提供を開始しました。 「smartround」は、スタートアップの資金調達と、投資家の管理業務を効率化するファイナ…
「FINOLAB」がスタートアップ向けのバックオフィス・シェアリング・サービス「SUBPOSI」を開始
2020年6月4日、株式会社FINOLABは、「SUBPOSI(サブポジ)」を開始することを発表しました。 「SUBPOSI」は、スタートアップ向けのバックオフィスのシェアリング・サービスです。 第1…
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を運営しています。 出張の要件を入力するだけで…
「シニフィアン」が200億円規模の新ファンドを組成
2019年6月26日、シニフィアン株式会社は、総額200億円のファンド「THE FUND」を設立したことを発表しました。 上場前段階に差し掛かる、レイター・ステージのスタートアップを主な支援対象とした…
米国を拠点とする植物工場スタートアップ「Oishii Farm」が55億円調達
2021年3月12日、Oishii Farmは、総額約55億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本人CEOが経営し米国を拠点とする植物工場スタートアップです。 独自開発の自動気象管理システム…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ