注目のスタートアップ

テレビ視聴の注視データを取得する「REVISIO」が2.4億円調達

company

2023年4月12日、REVISIO株式会社は、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

REVISIOは、家庭に人体認識技術を搭載した機器を設置して視聴者のテレビの視聴態度を計測し、それをユニークな注視データとして提供しています。

このデータは、データ取得時に視聴者に能動的な操作を必要としない、機械的にデータを取得できる、といった自然でリアルな視聴を捉えていることを特徴としています。

今回の資金は、事業拡大を見据えたプロダクトの開発・展開、ビジネスの基盤構築、人材採用、注視データの認知拡大・利用拡大に充当します。


2021年、インターネット広告費はマスコミ四媒体(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告費を初めて上回りました。

インターネット広告費の伸長は、消費者のインターネットでの活動や消費行動が増加したことが要因です。さらにコロナ禍による巣ごもり需要によりインターネット市場は大きく拡大しています。

また、インターネットの利用時間も伸びており、メディアとしての影響力が強まってきており、今後のさらなる成長が予測されています。

一方、テレビも依然として強力な媒体であることには変わりありません。

とくにテレビ広告は、インターネット広告よりも信頼性が高いというデータがあり、PR・マーケティングにおいては、インターネット広告一辺倒になるのではなく、テレビ広告(CM)も上手く活用することが必要であるといわれています。

しかしテレビ広告は以前から効果測定が困難であるという課題を抱えています。

近年は消費者のSDGsの意識向上、コロナ禍による消費活動の変化など、市場が大きく変化しています。テレビ広告においては従来の知見・経験に頼るのではなく、テクノロジーを活用し、新たな市場におけるデータを取得することの重要性が高まっています。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、SNSやインターネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CM REVISIO TV データ テレビ テレビCM テレビ広告 取得 広告 株式会社 注視 注視データ 視聴 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIカフェ・ロボット「root C」開発の「New Innovations」が1.7億円調達
2020年6月24日、株式会社New Innovationsは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIカフェ・ロボット「root C(ルートシー)」を開発しています。 A…
Shopify特化型グロースプラットフォーム提供の「StoreHero」が5,000万円調達
2021年6月21日、株式会社StoreHeroは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 出資者は、インキュベイトファンド株式会社です。今回の出資のタイミングでインキュベイトファンド…
ジャーナリング(書く瞑想)アプリ「muute」がリリース後1カ月でAppStoreヘルスケア/フィットネス領域のランキング1位に
2021年1月29日、ミッドナイトブレックファスト株式会社は、2020年12月から提供開始した「muute(ミュート)」が、約1カ月でAppStoreランキングのヘルスケア/フィットネス領域で1位を獲…
最安値のマスクなどを探せる「在庫速報.com」でおすすめマスクやフェイス・シールドの検索に対応
2020年6月12日、アスツール株式会社は、「在庫速報.com」の機能アップデートを行い、高評価で手頃な価格の“おすすめマスク”や“フェイス・シールド”の商品検索に対応したことを発表しました。 「在庫…
図面情報抽出・検索サービス「LearningBook」を提供する「Glia Computing」と「N.ジェン」が資本業務提携
2023年8月3日、株式会社N.ジェンは、株式会社Glia Computingと資本業務提携を行ったことを発表しました。 Glia Computingは、AI図面情報抽出・検索サービス「Learnin…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】