エンターテインメント業界のイノベーションを加速させるスタートアップ・スタジオ「Studio ENTRE」が資金調達

2020年8月7日、Studio ENTRE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社ミクシィです。

Studio ENTREは、エンターテインメント・ビジネスとテクノロジーをかけ合わせることで、新規事業を生みだすことを目的としたスタートアップ・スタジオです。

音楽、映像、出版、ファッションといった様々なエンタメ領域でのビジネス・アイデアを持つイノベーターとともに、事業計画の策定、資金・人材の調達といった新規ビジネスの立ち上げを行っていくようです。

インターネットの普及や、テクノロジーの進化により、エンターテインメント業界の構造は劇的に変化しました。

たとえば音楽業界はストリーミング・サービスの登場により、CDの売上は大幅に減少しました。しかし体験型のコンテンツであるライブ・エンターテイメント市場は伸びており、音楽業界はライブに軸にビジネスを転換しています。

今後のさらなるテクノロジーの発展により伸びてくるのは、eスポーツなどのゲーム業界や、AR・VRなどxRを活用したエンターテインメント・コンテンツ、体験型コンテンツ、動画コンテンツだとみられています。

最新の技術を活用した事業を展開する場合、事業の拡大のためにさらなる技術開発も必要となり、そのために資金を要します。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Studio ENTRE イノベーション エンターテインメント スタートアップ・スタジオ 新規事業 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ