注目のスタートアップ

LTV最大化を実現するBX(Brand Experience)プラットフォーム「BOTCHAN」を運営する「wevnal」が10億円調達

company

2023年4月12日、株式会社wevnalは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また直近では、2023年2月8日に総額10億円の調達を発表しています。これによりシリーズBラウンドでの資金調達額は20億円となり、これまでの累計資金調達額は26億円となります。

wevnalは、BX(Brand Experience)プラットフォーム「BOTCHAN」を運営しています。

消費者・企業とのタッチポイントとなるそれぞれのファネルで一貫したブランドサクセス支援を行うことで顧客に快適なブランド体験を提供し、企業のブランド体験の価値向上につなげるサービスです。

今回の資金は、サービス強化、機能開発、データ活用を行うためのエンジニアを中心とした人材採用の強化、マーケティングの強化に充当します。


LTV(顧客生涯価値)とは、ひとりの顧客が企業と取引を開始してから、その取引をやめるまでの間に企業にどれだけの利益をもたらすのか、という指標です。

LTVが注目されるようになった背景にはさまざまな要因があります。

1つ目は、市場の成熟化に伴いプロダクト・サービスが飽和状態にあることが挙げられます。この市場では顧客は新たなプロダクト・サービスが登場したとしても、すでにあるプロダクト・サービスで満足している状態であるため、新たなプロダクト・サービスに手を出す確率が低くなっています。そのため新規顧客獲得が難しくなっています。

2つ目は、SaaSやサブスクリプションモデルの流行です。サブスクリプションモデルは月額定額制でプロダクト・サービスを提供するビジネスモデルです。1度の利用のコストが低いことから顧客はプロダクト・サービスの利用のハードルが低くなるという特徴があります。一方で離脱のハードルも低くなることから、サブスクリプションモデルでは顧客を引き止め、長く利用してもらうような施策が必要となります。

3つ目は、D2C(Direct to Consumer)の流行です。D2Cとは、自社で企画・製造した商品をECサイトを介して直接ユーザーに届けるビジネスモデルのことです。D2Cではマーケティングにおいて顧客の口コミを戦略的に活用します。そのためファンの獲得や育成が必要であり、そのための顧客満足度の向上が重要となります。

LTV向上のためには、顧客との関係を良好に保つ必要があります。その方法として良質な顧客体験(CX:Customer Experience)を重視する戦略を展開するのがスタンダードとなっています。

そしてブランド体験(BX:Brand Experience)は、顧客体験から一歩進め、ブランドとして提供するすべての体験、顧客がブランドと接するあらゆるポイントにおいて、良質な体験を提供することを目指すものです。

一貫した顧客体験やブランド体験を提供するには、顧客を管理するためのシステムなど、さまざまなシステムの導入が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BOTCHAN BX CX LTV wevnal プラットフォーム ブランド ブランドサクセス ブランド体験 体験 向上 最大化 株式会社 資金調達 顧客体験
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オフィスなどの無線アクセス・リスクを軽減する「無線 LAN調査サービス」がリリース
2020年2月10日、株式会社ブロードバンドセキュリティは、「無線 LAN調査サービス」を提供開始したことを発表しました。 「無線 LAN調査サービス」は、オフィスなどのワーキング環境において、“盗聴…
「凜研究所」が「東京大学協創プラットフォーム開発」から2億円調達
2021年1月19日、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社は、株式会社凜研究所に対して、2億円の出資を実行したことを発表しました。 凜研究所は、国立研究開発法人国立がん研究センター発のベンチャー企…
ワークスタイルプラットフォームを開発・提供する「Acall」が13億円調達
2023年8月1日、Acall株式会社は、総額13億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Acallは、ワークスタイルプラットフォーム「Acall(アコール)」(旧:WorkstyleOS(ワー…
Web3×アニメ×メタバーススタートアップ「Yae Labs」が2,300万円調達
2022年7月27日、Yae Labs株式会社は、総額2,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Web3×アニメ×メタバースのスタートアップとして、2022年5月25日に設立した企業です…
「NGA」が8,800万円調達 次世代AI採用アプリ「HelloBoss」β版をリリース
2022年8月18日、株式会社NGAは、総額8,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、本田圭佑氏が率いる個人ファンド「KSK Angel Fund LLC」などです。 また、資…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】