注目のスタートアップ

VTuber事業やメタバースマーケティング事業を展開する「Brave group」が3億円調達

company

2023年1月25日、株式会社Brave groupは、Animoca Brands株式会社から3億円の資金調達を実施し、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

Animoca Brands株式会社は、香港を拠点とするWeb3企業Animoca Brands Corporation Limitedの日本における戦略的子会社です。

Brave groupは、グループ会社を通じ、バーチャルIP事業や、メタバースマーケティング事業、eスポーツ事業を展開しています。

バーチャルIP事業では、バーチャルミュージックプロダクション「RIOT MUSIC」、eスポーツ系VTuberグループ「ぶいすぽっ!」、バーチャルアイドルプロジェクト「Palette Project」、VTuber集団「あおぎり高校」、多言語VTuberプロジェクト「MUGEN LIVE」を展開しています。

「ぶいすぽっ!」を運営する株式会社バーチャルエンターテイメント、「Palette Project」を運営するMateReal株式会社とは、2022年6月7日にM&Aによる経営統合を実施したことを発表しており、これによるグループ経営体制に移行しています。

メタバースマーケティング事業(株式会社MetaLab)では、メタバース構築に必要な標準機能と専門機能を搭載したメタバース開発エンジン「Brave Engine」を基盤に、企業のメタバース進出を支援しています。

2021年8月にはアニメコミュニティを運営する「MyAnimeList(マイアニメリスト)」との協業を開始、2022年5月には『ビルボード』のインドネシア版メディア「Billboard Indonesia(ビルボードインドネシア)」と事業提携を行うなど、グローバル展開のためのパートナーアライアンスを強化しています。

今回の資本業務提携を通じ、Web3の取り組みを強化し、IPをはじめとしたBrave groupのメタバース領域における事業のさらなる成長と、グローバル展開を加速していきます。


Web3とは、暗号資産(仮想通貨)の基盤技術として知られるブロックチェーンを実装した次世代のインターネットや、その領域で展開されるサービスなどのことです。

既存のインターネットは、特定の企業(とくに巨大IT企業)が個人情報を独占してしまうといったプライバシーの問題、企業の一存でユーザーの権利がコントロールされてしまうといった権利の問題など複数の問題を抱えています。

たとえば、電子書籍サービスは、電子書籍の閲覧の権利を売るという仕組みです。この仕組みは既存の物理的な書籍と違い、中古販売が不可能なこと、他人に貸したり譲ったりすることが不可能なこと、資産として子などに継承することが難しいことなどの複数の問題が挙げられますが、もっとも大きな問題は、電子書籍サービスが終了してしまったら、ユーザーは電子書籍を閲覧することができなくなってしまうという点です。

この仕組みが採用されているのは、デジタルデータはコピーなどが容易であるため、自由な閲覧・貸し借りをユーザーに許すと、際限なくネット上で共有されてしまうというおそれがあるからです。

Web3は、ブロックチェーン技術を活用することでデジタルデータの改竄やコピーを防ぎ、デジタルデータをユーザーが直接保有できるようにすることで、インターネット上の権利をユーザーの手に戻すことを目指しています。

ほかにもブロックチェーンを基盤として実装することのメリットがあり、たとえば、仮想通貨による取引は手数料が限りなく抑えられること、ブロックチェーン上ではシステムの運用コストが低くなること、サーバーダウンのリスクがないことなどが挙げられます。

Animoca Brands株式会社は、日本におけるWeb3構築を行っており、さらにWeb3エコシステム内において日本のIPホルダーがコミュニティを構築し、グローバルでファンを獲得できる世界をつくることを目指しています。

今回の提携により、Brave groupのIP事業・メタバース事業がどのようにWeb3と絡み合っていくのか、注目が必要です。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業などとの提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Animoca Brands Animoca Brands Corporation Limited Brave group eスポーツ IP MateReal Palette Project RIOT MUSIC VTuber Web3 バーチャル ぶいすぽっ! マーケティング メタバース 株式会社 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

パーソナルドクターによる予防医療・生活改善プログラム「Wellness」展開の「ウェルネス」が6,500万円調達
2022年5月10日、株式会社ウェルネスは、総額約6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 予防医学知見・ビヘイビアヘルス(公衆衛生学)についても熟知したパーソナルドクターにより、予防・…
レシピ動画「クラシル」が「イオンリテール」と連携しネットスーパー機能を追加
2020年12月3日、dely株式会社は、イオンリテール株式会社と連携し、2020年12月3日(木)から「クラシル」内でネット・スーパーのサービスを開始することを発表しました。 「クラシル」は、国内最…
「Surpass」による企業の女性活躍・ダイバーシティにおける課題解決を支援する「女性活躍推進総研」が正式リリース
2021年9月9日、株式会社Surpassは、「女性活躍推進総研」を正式リリースしたことを発表しました。 「女性活躍推進総研」は、これまで培ってきた女性育成ノウハウを活かし、企業の女性活躍・ダイバーシ…
株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」運営の「日本クラウドキャピタル」が資金調達
2021年5月12日、株式会社日本クラウドキャピタルは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、加賀電子株式会社です。 日本クラウドキャピタルは、株式投資型クラウドファンディング「FUNDI…
AIにより運送会社の配車管理・配送計画を自動化する「AI自動配車アシスタント LOG」提供の「Logpose Technologies」が4,000万円調達
2022年3月1日、株式会社Logpose Technologiesは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 “世界中の荷物情報を整理し、流通を最適化する。”をミッションに、物流…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ