注目のスタートアップ

エンターテインメント領域で搭乗型ロボットの企画・開発・プロデュースを手がける「MOVeLOT」が資金調達

company

2024年2月1日、MOVeLOT株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

シードラウンドにおいて累計1億1,500億円の資金調達を完了しています。

MOVeLOTは、搭乗型ロボットプロデュース事業、搭乗型ロボット骨格基盤の開発、ロボット開発受託事業を展開しています。

プロデュース事業では、搭乗型ロボットならではのイベント企画・演出・運用・タイアップ・プロデュースなどを行っています。

搭乗型ロボット骨格基盤は、搭乗型ロボットのベースとなるマシンです。骨格基盤をベースにIPを持つ企業などと連携し、アニメ・映画・オリジナルデザインの外装を装着することで、一から搭乗型ロボットを作るよりも安価に搭乗型ロボットを実現できます。

今年度は、「ROBOT BASE -00- (両国)」「パトレイバー機体の制作」の2つのプロジェクトを進めていく計画です。


日本では『マジンガーZ』を草分け的存在として、『ガンダム』など人が搭乗することができるロボットが登場するフィクション作品が多数生み出され、世界的にも数多くのフォロワーを生み出すカルチャーとして成長しています。

近年のテクノロジーの発展は著しく、製造業や物流倉庫においてはかつて夢見たSF的な世界が一部実現され、ロボットが多数稼働しています。

一方で、現在社会において活躍するロボットはAIを搭載した自律型が大多数を占めています。

これはロボットが業務効率化・省力化・自動化など、産業における道具として使われることを想定しているからであり、人間が搭乗するという部分に挑戦するプレイヤーがあまり多くなかったためです。

とはいえ、やはり搭乗型ロボットの実現を夢見る人間は多く、現在いくつかのスタートアップが搭乗型ロボット事業を手がけています。

搭乗型ロボットをパワードスーツとして土木や災害現場などでの活用することを見込むといったビジネスプランを展開するスタートアップもありますが、MOVeLOTは、エンターテインメント領域に特化し、搭乗型ロボット事業を展開していることが特徴的です。

革新的なプロダクトの開発には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携・連携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB IP MOVeLOT アニメ エンターテインメント パトレイバー プロデュース ロボット ロボット工学 企画 基盤 娯楽 搭乗型ロボット 映画 株式会社 資金調達 開発 開発受託
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

さまざまなキャラクターとチャットができるサービス「キャラAI」を開発する「フラクトライト」が資金調達
2023年7月10日、株式会社フラクトライトは、資金調達を実施したことを発表しました。 フラクトライトは、色々なキャラとチャットできるサービス「キャラAI」を開発しています。 生成AIを活用し、クリエ…
サブサハラアフリカの小規模農家向けに農業資材のファイナンスと農業のDX促進を展開する「Degas」が10億円調達
2023年1月13日、Degas株式会社は、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Degasは、サブサハラアフリカ(サハラ砂漠以南地域)の小規模農家向けに、テクノロジーを活用した農家…
オーダーメイドの建設部材調達サービスを展開する「BALLAS」が11.6億円調達
2023年3月1日、株式会社BALLASは、総額11億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 BALLASは、意匠性・機能性・柔軟性の高い建設部材ブランドとして、オーダーメイドの建設部…
高高度ガス気球や旅行用気密キャビンを設計・開発する「岩谷技研」が資金調達
2021年10月20日、株式会社岩谷技研は、資金調達を実施したことを発表しました。 これにより、累計調達額は5億3,000万円となりました。 岩谷技研は、高高度ガス気球や、旅行用気密キャビンを設計・開…
クラウドファンディングサービスなど運営の「READYFOR」が17億円調達
2022年7月13日、READYFOR株式会社は、総額17億円の資金調達を実施したことを発表しました。 READYFORは以下のサービスを展開しています。 ・クラウドファンディングサイト「READYF…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】