注目のスタートアップ

双方向データ伝送プラットフォーム「intdash」などを展開する「アプトポッド」が「マクニカ」「ヨコオ」と資本業務提携

company

2023年1月23日、株式会社アプトポッドは、株式会社マクニカ、株式会社ヨコオと第三者割当増資による資本業務提携を実施したことを発表しました。

アプトポッドは、双方向データ伝送プラットフォーム「intdash」を核としたプラットフォーム製品・サービス、エッジコンピュータシステムブランド「EDGEPLANT」などを展開しています。

「intdash」は、高頻度で発生する時系列データをモバイル網などのベストエフォート型ネットワークを介し、高速・大容量・安定的にストリーミングするための双方向データ伝送プラットフォームです。

「intdash」の時系列データを可視化するアプリケーション「Visual M2M」や、自動車開発向けのパッケージングプロダクト「intdash Automotive Pro REMOTE CAL」や、ロボティクス・モビリティの群制御・管理フレームワーク「intdash CONTROL CENTER」など、産業シーンの特定のニーズに特化したソリューション製品なども提供しています。

マクニカは、モビリティ向けのデータ収集処理基盤「MMDP(MACNICA Mobility Data Platform)」を提供しています。

ヨコオは、車載通信用アンテナや、回路検査用コネクタ製品、医療用カテーテル用製品、電気検査用地具などを展開しています。

今回の提携で、各社との事業連携によるシナジーにより、各分野での社会実装の促進、市場拡大を目指します。


IoT(モノのインターネット)とは、従来インターネットに接続されていなかったさまざまなモノをインターネットに接続することで、相互に情報のやり取りを実現する仕組みのことです。

IoTを活用することでさまざまな領域、とくにこれまでデータの取得が困難なアナログな現場・環境においてデータの取得・分析や遠隔制御が可能となります。

すでにIoTは、製造業におけるアナログな計器の遠隔監視、農地のリアルタイムでの監視・可視化、小売店における購買行動の可視化などで活用されています。

一方、IoTを活用する現場では高品質なインターネット環境を構築できないケースも多く、その場合はモバイル回線などのネットワーク環境を利用することになります。

しかしモバイル回線は不安定であることも多く、リアルタイムで膨大なデータ取得が必要なシステムではデータ欠損などの問題が生じます。

「intdash」は、こうした不安定なネットワーク環境においても、データのリアルタイムストリーミングと永続化を同時に実現することを目的とした双方向データ伝送プラットフォームです。

IoTなどテクノロジーの活用は、業務効率化や省人化のために重要なものです。創業期はコストの面から多くのシステムの導入は難しいかもしれませんが、優先度の高いものから導入することで、創業期から効率的な業務を行うことができるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ intdash IoT アプトポッド ストリーミング ストリーミングデータ データ プラットフォーム マクニカ ヨコオ 株式会社 産業 産業IoT 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データを中心としたDX支援を展開する「アイディオット」が「エイチ・アイ・エス」から資金調達
2022年6月30日、株式会社アイディオットは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社エイチ・アイ・エスです。 アイディオットは、DX支援事業や、データ売買マッチングプラットフォー…
ジャーナリング(書く瞑想)アプリ「muute」がリリース後1カ月でAppStoreヘルスケア/フィットネス領域のランキング1位に
2021年1月29日、ミッドナイトブレックファスト株式会社は、2020年12月から提供開始した「muute(ミュート)」が、約1カ月でAppStoreランキングのヘルスケア/フィットネス領域で1位を獲…
モノの形状・鏡面・透明物質を認知できる近接覚センサーを活用したロボットハンドの実現に取り組む「Thinker」が1億円調達
2022年9月30日、株式会社Thinkerは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社を無限責任組合員とするOUVC2号投資事業有限責任組合(O…
住宅ローン借り換えサービス提供の「インフィニティエージェント」が住宅ローン「フラット35」を取扱う「FBモーゲージ」
2020年10月8日、株式会社インフィニティエージェントは、FBモーゲージ株式会社と業務提携したことを発表しました。 インフィニティエージェントは、AIを活用した住宅ローン借り換えサービス「住宅ローン…
飲食店の業務をAIで効率化するクラウドサービス「HANZO」シリーズを展開する「Goals」が15.5億円調達
2022年6月29日、株式会社Goalsは、総額15億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Goalsは、AIによる需要予測型自動発注クラウドサービス「HANZO 自動発注」と、飲食…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ