注目のスタートアップ

オフラインマーケティングサービス「Digital東京」を展開する「Oxyzen」が「ピーディーシー」と資本業務提携

company

2023年10月16日、Oxyzen株式会社は、ピーディーシー株式会社(PDC)と、2023年10月6日に資本業務提携の手続きを完了したことを発表しました。

Oxyzenは、オフラインマーケティングサービス「Digital東京」を展開しています。

店舗・商業施設・観光地・都市などに独自のWi-Fiセンサーを設置し、周囲の人びとの性別・国・地域などのデモグラ属性や、興味・趣向などのサイコグラフィック属性、人数ボリューム、訪問頻度、滞在時間などを可視化するサービスです。

PDCは、商業施設や店舗などリアルの場におけるデジタルソリューション導入のプロフェッショナル企業として、デジタルを通じた店頭での顧客体験・従業員体験向上のための企画・導入を行っています。

Webやデジタルサイネージなどのメディアのさらなる活用を実現するものとして、コンテンツ配信・メディア管理・APIデータ連携・分析のスマートな運用を実現するメディアプラットホーム「One GATE」を提供しています。

今回の提携により、PDCはOxyzenが提供する「Digital東京」サービスのビッグデータをシームレスに利活用し、新たなオフラインマーケティング分析サービスを提供します。

また、両社の協力により積極的にサービス展開を図っていきます。


インターネットの普及以前は、オフラインでの行動のみが顧客の行動でした。

しかしインターネットが普及した現在は、オフラインとオンラインを行き来する行動が顧客行動であるといえます。つまり従来よりも顧客行動は圧倒的に複雑化しているのです。

マーケティングはサービス・プロダクトの展開や開発にとって重要な施策です。そしてマーケティングを行う上で顧客行動の分析は欠かすことができません。

したがって、顧客行動が複雑化する現代において、正確かつスピーディに顧客行動を可視化し、分析することができる仕組みが求められているのです。

こうしたなか活用が進められているのが、人の行動をデータ化したものである「行動データ」です。

インターネット普及以前のマーケティングで顧客の行動を可視化するには、年齢・性別・居住地・家族構成・職業・収入などの属性データしか入手できず、ここから顧客の行動を推測し、アプローチするしかありませんでした。

しかしデジタルの世界では、Webの閲覧履歴、SNSでの行動、購買履歴、位置情報などの行動データを入手できるようになり、顧客分析の確実性が向上し、マーケティングに革新がもたらされました。

そしてオフラインでも、ビーコンなどのセンサーから得られるデータや位置情報を活用した人の流れを活用することで、より確実に顧客の行動を分析できるようになったのです。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。とくにSNSマーケティングはリアルな顧客の声を聞けることが大きなメリットです。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

また、大規模なマーケティングの実施のためには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB Digital東京 Oxyzen PDC オフライン オフラインマーケティング サービス サイコグラフィック センサー データ ピーディーシー ビッグデータ マーケティング 分析 可視化 商業施設 地域 株式会社 行動データ 観光 資本業務提携 都市 顧客行動
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

レビューツールを運営する「Brushup」が資金調達
2023年10月19日、株式会社Brushupは、事業拡大に伴う運転資金として、国内大手銀行(りそな銀行、山陰合同銀行、京都銀行、日本政策金融公庫)から累計4億7,000万円の資金調達を実施したことを…
危機・不審行動検知ソリューションを展開する「アースアイズ」が「初田製作所」と資本業務提携
2022年11月17日、アースアイズ株式会社は、株式会社初田製作所と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 アースアイズは、防犯や事故防止を目的としたAI搭載カメラシステムの開発・販売や、危…
外国人向け求人掲載メディアの「YOLO JAPAN」が3.3億円調達
2021年11月15日、株式会社YOLO JAPANは、総額約3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 在留・在日外国人向けライフサポートメディア「YOLO JAPAN」や、外国人向…
キャンセル料の請求・回収業務を自動化する「Payn」が1.4億円調達
2024年4月8日、Payn株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Paynは、宿泊業界や飲食業界におけるキャンセル料の請求・回収業務を自動化する請求ツール「Pay…
データ生成現場にてAI処理し活用するエッジAI事業の「EDGEMATRIX」が9億円調達
2019年8月29日、EDGEMATRIX株式会社は、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また引受先である、株式会社NTTドコモ、清水建設株式会社、日本郵政キャピタル株式会社とは、協業…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】