【1/31開催】「人流データ利活用促進のためのシンポジウム」

event

国土交通省不動産・建設経済局情報活用推進課が主催する「人流データ利活用促進のためのシンポジウム」が開催されます。

人流データのさらなる利活用を促進するため、人流データに関心がある、扱っているがうまく活用できていないなど、悩みを抱えた民間事業者や地方公共団体の関係者を対象に、人流データの活用について議論し知見を深めるシンポジウムを開催します。

プログラム(予定)

・開会
・人流データの取り組みについて
・地域課題解決のための人流データの手引きの紹介
・人流データ可視化ツールの紹介
・人流データを活用した地域における取り組みについて(静岡市、広島市)
・人流データの取り組み事例に基づくパネルディスカッション
・閉会

概要

日時:2023年1月31日(火)13:00〜16:00
会場:オンライン(Zoom)
参加費:無料
定員:先着300名


人流とは、人の移動を伴う一連の動静、人の流れのことです。

従来は物流などと絡め、政府やデータ解析など一部の場面で使われていた言葉ですが、コロナ禍では感染症対策のために人の流れを可視化する必要があり、日常的に使われるようになっていきました。

コロナ禍では、AIによって画像・映像を解析することで、リアルタイムに混雑状況を可視化するシステムや、スマートフォンに搭載されたGPSを活用し、広い範囲での人流を可視化・分析するシステムなどが実現され、感染症対策などで活用されています。

さらに、コロナ禍を経て、人流データは企業のマーケティング、顧客分析などにも活用できるといて注目が高まっています。

国土交通省は、人流データは、土地・不動産、まちづくり、観光、交通、防災などさまざまな分野における課題解決に活用できるとしており、人流データの利活用を推進しています。

一方、人流データの活用にあたっては、データのフォーマットが統一されていない問題、個人情報を含んでいる場合があるなどのプライバシーの問題があり、人流データの取り扱いをより簡便にするための環境の整備も必要となっています。

AI技術の発展により、これまでビジネスでの活用が難しかったデータの活用も可能となり、さまざまなソリューションが提供されています。また、こうしたソリューションの効果を最大化させるには、データ活用を前提とした業務環境を整えることも重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ シンポジウム データ データ活用 人流 人流データ利活用促進のためのシンポジウム 利活用 国土交通省 活用
詳細はこちら

人流データ利活用促進のためのシンポジウムを開催します

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データサイエンス事業を展開する「エスタイル」が1億円調達
2022年9月14日、株式会社エスタイルは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日鉄ソリューションズ株式会社、株式会社エアトリです。 エスタイルは、さまざまな手法でデータを解…
メタバースプラットフォーム「XR CLOUD」展開の「monoAI technology」が阪急阪神ホールディングスから資金調達
2022年6月30日、monoAI technology株式会社は、阪急阪神ホールディングス株式会社が2021年4月に設立したコーポレートベンチャーキャピタルファンド「阪急阪神イノベーションパートナー…
中小企業製造業工場向け案件管理・経営判断支援SaaS「monit」運営の「トランスミット」が1.24億円調達
2021年10月14日、トランスミット株式会社は、総額1億2,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 中小企業製造業工場の案件管理や経営判断を支援するSaaS「monit(モニット)」を運…
KUROCO株式会社 齋藤健太 | EC向けのデータ分析・可視化ソリューション「EC-DashBoard」で注目の企業
EC向けのデータ分析・可視化ソリューション「EC-DashBoard」で注目なのが齋藤健太さんが2020年に設立したKUROCO株式会社です。 ECサイト運営は、企業の売上を上げるために欠かせない事業…
PLANT DATA株式会社 北川寛人|農業事業者向けのデータ基盤事業の開発が注目の企業
農業事業者向けのデータ基盤事業の開発で注目なのが、2014年に創業したPLANT DATA株式会社です。 日本全体の農業人口はピーク時の昭和中期から比べるとその数を減らしていますが、今から15年ほど前…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ