注目のスタートアップ

データサイエンスで災害情報を可視化・予測する「Spectee」が資金調達

company

2021年9月16日、株式会社Specteeは、資金調達を実施したことを発表しました。

SNSや気象データなどから解析した災害情報をリアルタイムに配信するサービス「Spectee Pro」や、AI開発サービス「SIGNAL」、AIアナウンサー「荒木ゆい」の自動読み上げプラットフォーム「ゆいプラ!」を展開しています。

「Spectee Pro」は、災害情報をリアルタイムで配信するほか、河川・道路などに設置されたカメラや衛星などのデータを活用し、AIによる解析・予測情報を提供しています。

自治体・企業などに、防災、BCP、交通・物流の安全やサプライチェーンのリスク管理などの目的で導入されています。

今回の資金は、データサイエンスを中心とした防災技術の開発、「Spectee Pro」の事業促進に充当される予定です。

SNSは報道機関よりもすばやく情報を得ることができる場合がありますが、フェイクニュースの問題があるため、正確な情報を得るためには情報の仕分けが必要でした。

AIの進歩により、SNSの投稿の真偽を判別できるようになってきているため、SNSを防災・ニュースに活用するサービスが登場しています。

また、気候変動による災害が頻発するようになっているため、すばやく正確な災害・防災情報のニーズが高まっています。

今後もAIの精度は高まっていくため、SNSの投稿を分析して情報を提供するサービスは様々なところに普及していくと考えられます。

信頼できる情報は起業においても武器となります。「冊子版創業手帳」では、起業家・専門家の生の声から情報を精査し、本当に使える起業ノウハウだけを掲載しています。無料で入手できますので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI SNS Spectee Spectee Pro データ リアルタイム 情報 株式会社 災害 解析 資金調達 配信 防災
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

株式会社バズグラフ 西本光治|人間と同じように文章を理解できる人工知能の開発事業が注目の企業
人間と同じようなロジックで文章を解析できる人工知能(AI)の開発事業で注目なのが、西本光治さんが2014年に創業した株式会社バズグラフです。 近年、AIを活用した言語処理技術が各所で活用されるようにな…
デジタル・マーケティングの「AViC」が3.3億円調達
2020年9月30日、株式会社AViCは、総額3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SEOマーケティングを軸とした、幅広いデジタル・マーケティング事業を展開しています。 デジタル…
コーヒーのサブスクリプション・サービス運営の「POST COFFEE」が5,000万円調達
2019年10月1日、POST COFFEE株式会社は、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 コーヒーのサブスクリプション・サービス「PostCoffee」を運営しています。 …
顧客体験のパーソナライズを実現するコミュニケーションプラットフォーム「MicoCloud」提供の「Micoworks」が12億円調達
2022年2月9日、Micoworks株式会社は、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 顧客体験のパーソナライズを実現するコミュニケーションプラットフォーム「MicoCloud(ミコ…
​次世代型テーマパーク「リトルプラネット」運営の「プレースホルダ」が6億円調達
2019年11月29日、株式会社プレースホルダは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 デジタル技術を活用した次世代型テーマパーク「リトルプラネット」の企画開発・運営を行っています。 …

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ