注目のスタートアップ

「かごしまスタートアップ支援ファンド」が地方創生×データ分析の「Village AI」に投資を実行

company

2023年1月16日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社チェンジ、および株式会社チェンジ鹿児島と共同で2022年6月に設立した「かごしまスタートアップ支援投資事業有限責任組合」より、株式会社Village AIに投資を実行したことを発表しました。

Village AIは、地方創生×データ分析を手掛ける種子島(鹿児島県)を拠点とするスタートアップです。

企業におけるデータ中心のDXを支援するため、データを活用できる人材であるデータスチュワードの育成支援サービスやアドバイザリーサービスを提供しています。

今回の資金は、事業拡大のための人材採用、DX人材育成支援サービスのリモート講師の鹿児島・種子島人材の採用に充当します。


経済産業省は、日本企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現できなければ、2025年以降、最大で12兆円/年の経済損失が生じる可能性があると指摘しています。

DXとは、デジタル化とデータ活用により、ビジネスモデルや企業そのものを変革させ、競争優位性を確立する取り組みです。

SaaSやクラウドサービスなどの導入によるデジタル化は業務効率化などの効果がわかりやすいことから、中小企業などでも導入が進んでいます。

一方、データ活用についてはまだ遅れているというのが現状です。

データ活用のためには、企業におけるデータ基盤の構築、データ活用のための人材の採用・育成が必要です。

とくにデータを活用するための人材が不足していることが課題となっているため、企業ではデータ人材の育成に向けた取り組みが必要となっています。

また、データ人材には、データサイエンティスト、データスチュワードと、役割ごとに専門の人材がいます。

データスチュワードとは、データをマネジメントする責任部署・責任者のことです。

Village AIは、データスチュワードを「各分野におけるデータを生み出すプロダクトやデータ利活用の方法、データ品質やリソースの消耗量を理解している人材」、つまりデータ利活用人材と定義し、データ活用を企業における戦略として推進していける人材の育成支援を展開しています。

株式会社Village AIのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Village AI 代表取締役 里周平氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

事業拡大の為の人材採用を目的としています。

・今後の展望を教えてください。

データスチュワードの全国普及です。

AI技術の発展により、ビッグデータの活用が進んでいます。またデータ分析の効果を最大化させるには、データ活用を前提とした業務環境を整えることも重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX Village AI データ データ分析 データ活用 デジタルトランスフォーメーション 地方創生 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」など提供の「オープンエイト」と「凸版印刷」が業務提携
2020年11月27日、株式会社オープンエイトは、凸版印刷株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 オープンエイトは、インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」や、動画自動生…
金融教育イベント「キッズフリマ」を企画・運営する「HONEYTHING」が「ワイズインテグレーション」と業務提携
2022年8月12日、株式会社HONEYTHINGは、株式会社ワイズインテグレーションと業務提携契約を締結したことを発表しました。 HONEYTHINGは、金融教育イベント「キッズフリマ」を企画・運営…
保険流通BPO事業やソリューション事業などを展開する保険DX企業「フィナンシャル・エージェンシー」が「東日本銀行地域企業活性化ファンド」からの出資受け入れ
2023年1月12日、株式会社フィナンシャル・エージェンシーは、「東日本銀行地域企業活性化投資事業有限責任組合」より出資を受けたことを発表しました。 フィナンシャル・エージェンシーは、AI、RPA、I…
CO2排出量可視化サービス提供の「e-dash」と「栃木銀行」が業務提携
2022年6月17日、e-dash株式会社は、栃木銀行と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 e-dashは、三井物産株式会社の100%子会社で、CO2排出量可視化サービス「e-dash」を提…
企業のメンタル・ヘルス課題を解決するクラウド・サービス提供の「メンタルヘルステクノロジーズ」が2.4億円調達
2020年4月27日、株式会社メンタルヘルステクノロジーズは、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 働き手のメンタル・ヘルス予防のためのクラウド・サービス「ELPISシリーズ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ