経済産業省委託「製造業における外国人材受入れ支援事業」  製造業における特定技能外国人材向けジョブフェア 参加企業募集

event

経済産業省委託「製造業における外国人材受入れ支援事業」 製造業における特定技能外国人材向けジョブフェアが開催されます。

このイベントは、外国人材への企業紹介や質疑を通じ、特定技能外国人制度の利用による人材獲得を支援することを目的に実施されるものです。

概要

日程: 2023年2月22日・24日・27日(仮)13:00〜16:30
対象:外国人材を雇用したい日本企業(素形材・産業機械・電気電子情報関連製造業分野に限る)
会場:オンライン(WebEX)
参加費:無料

参加する外国人材

・インドネシア、タイ、フィリピン、ネパール、及び日本国内での製造分野特定技能1号評価試験、日本語能力試験に合格した者、及び合格を目指している者(国籍不問)
・海外在住の元技能実習生等(主にインドネシア、タイ、フィリピン、ネパール等)
・国内にいる技能実習終了予定者(国籍不問) 等

国内では人手不足が深刻化しており、外国人材の活用の重要性が高まっています。

これまで製造業や農業などでの外国人材の受け入れでは、主に技能実習制度が利用されていました。

しかし技能実習制度は監理団体や送り出し機関などの仲介が必要となり、さらに手続きが煩雑であること、業務内容が細かく分かれていることなどの課題があります。

また技能実習制度は「技能移転を通じた、開発途上国への国際協力」を目的とした制度であるため、人手不足を補うために利用するには問題点がいくつもありました。

そこで2019年に、人手不足が深刻な産業において戦力となる外国人を受け入れ、人手不足を解消することを目的とした「特定技能制度」が創設されました。

人材の採用は、企業の成長にとって重要です。しかし創業期の人材採用は大きな投資のため失敗ができません。「冊子版創業手帳」では、創業期における人材採用のノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ ものづくり 人材 外国 外国人材 海外 特定技能外国人制度 製造業
詳細はこちら

製造業における特定技能外国人材向けジョブフェア

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

マーケティング領域のプロ人材と企業のマッチングサービス「キャリーミー」提供の「Piece to Peace」が3.5億円調達
2022年5月17日、株式会社Piece to Peaceは、総額約3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Piece to Peaceは、マーケティング領域を中心としたプロ人材と…
中途採用のスキルチェックテストサービスを開発する「Mierba」が5,000万円調達
2022年12月14日、株式会社Mierbaは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Mierbaは、中途採用のスキルチェックテストサービスを開発しています。 中途採用において、…
ベトナム人を中心としたITエンジニアを活用したラボ型開発事業を展開する「freecracy」がITエンジニア向けエージェントサービスなどを展開する「NKC ASIA」と資本業務提携
2022年9月28日、freecracy株式会社は、株式会社NKC ASIAと、資本業務提携契約を締結することを発表しました。 freecracyは、ベトナム人を中心とした50万人のエンジニアデータベ…
人材事業やHRTechの「ネオキャリア」が45億円調達
2020年2月3日、株式会社ネオキャリアは、総額45億円の資金調達を実施したことを発表しました。 人事向けSaaS型プラットフォーム「jinjer(ジンジャー)」や、URLひとつで簡単に使えるWeb会…
製造業の受発注プラットフォーム「CADDi」運営と製造業DXの「キャディ」が80.3億円調達
2021年8月24日、キャディ株式会社は、総額80億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 製造業の受発注プラットフォーム「CADDi(キャディ)」の運営や、バリューチェーン全体に潜む…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ