注目のスタートアップ

「スカラ」が個人情報の管理・提供が可能なウォレット「UPBOND Wallet」を開発・提供する「UPBOND」に出資

company

2022年11月24日、株式会社スカラは、連結子会社である株式会社スカラパートナーズを通じ、株式会社UPBONDに出資を行うことを発表しました。

UPBONDは、ノンカストディアル(秘密鍵をユーザーが管理する仕組み)でありながら、ユーザーの同意を得た上で企業がユーザーの個人情報を取得できるウォレット「UPBOND Wallet」の開発・提供や、企業とのWeb3プロジェクトを展開しています。

スカラグループは、社会課題解決型ビジネスのひとつとしてスポーツビジネスに注目しており、2022年3月にプロバスケットボールチーム「さいたまブロンコス」をグループとして迎え入れたことをきっかけに、スポーツビジネスDX事業を進めています。

スポーツビジネスにおいては、欧米ではスポーツのIPを活用したNFTサービスが急激に成長しており、今回のUPBONDへの出資はこのWeb3事業開発の推進を目的としたものです。

UPBONDを開発パートナーとして、スポーツチームの運営に参加できる“Support and earn”をコンセプトにしたNFTサービスを共同で開発しています。

また、NFTを活用したファンタジースポーツ事業についても企画を進めています。

Web3とは、暗号資産(仮想通貨)の基盤技術として知られるブロックチェーンを実装した次世代のインターネットや、その領域で展開されるサービスなどのことです。

開かれていること(民主的)・高い透明性・分散の3つの要件を備えたWebの世界であり、現在の巨大IT企業が権力や個人情報を独占することになっている中央集権的なインターネットの構造に対するアンチテーゼとして構想されています。

また、ブロックチェーンを活用した技術のひとつに、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)があります。

NFTとは、改竄されていないことや個人が所有していることを証明する証明書のようなデータが記録されたデジタルデータのことです。

NFTは、これまでモノとしての価値を与えることができなかったデジタルデータにおいて、一点ものとしてのデジタルアートや、流通量を絞ることによる希少価値の創造、デジタルトレーディングカードにおけるn次流通などを実現しています。

スポーツビジネスにおいては、オンラインのスポーツベッティングが急激に成長しています。スポーツベッティングとはスポーツの試合結果やプレーの内容を賭けの対象とするスポーツのギャンブルのことです。

国内ではスポーツ賭博は違法なのですが、海外の事業者が運営するスポーツベッティングはグレーゾーンであり、年間1.5兆円が海外に流出しているとの推計があります。

オンラインスポーツベッティングにおいては出金において本人確認が必要となるほか、国際取引となることがよくあるのですが、この国際取引や本人確認の利便性を向上させるため、暗号資産(仮想通貨)を利用するというケースが増えています。

暗号資産を利用することで本人確認のための書類の提出が不要になるほか、国際取引における手数料が抑えられ、さらに取引のスピードも速くなるというメリットがあります。

さらにスポーツの領域では、昔からトレーディングカードが大きな市場となっています。

近年はNFTを活用したスポーツのトレーディングカードが登場しているほか、ファンタジースポーツと呼ばれる、自分の好きな選手を集めた架空(ファンジー)のチームを作り、選手たちの成績をポイントとして競うシミュレーションゲームにおいてもNFTを活用するケースが出てきています。

企業の成長には戦略的な資金調達や提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ NFT UPBOND UPBOND Wallet Wallet Web3 ウォレット さいたまブロンコス スカラパートナーズ スポーツ スポーツビジネス プロジェクト 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

浄水炭サブスク「SUMITCH」が環境アクションプラットフォーム「change」と提携
2022年2月22日、株式会社クジラテラスは、株式会社チェンジ・ザ・ワールドが提供するサービス「change」と提携したことを発表しました。 クジラテラスは、浄水炭サブスクリプションサービス「SUMI…
家具のサブスクリプションサービス「サブスクライフ」を運営する「ソーシャルインテリア」が13.3億円調達
2022年9月15日、株式会社ソーシャルインテリアは、総額約13億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ソーシャルインテリアは、家具のサブスクリプションサービス「サブスクライフ」や、…
会話AIエージェントを開発する「エキュメノポリス」が4.5億円調達
2022年8月22日、株式会社エキュメノポリスは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 この資金調達は、エクイティによるものと、2022年度「シード期の研究開発型スタートアッ…
子ども向け金融教育サービス「manimo」開発の「MEME」と「GMOあおぞらネット銀行」が業務提携
2022年2月8日、株式会社MEMEは、GMOあおぞらネット銀行株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 MEMEは、子ども向け金融教育サービス「manimo(マニモ)」を開発しています。…
スマートロック「SESAME」シリーズを展開する「CANDY HOUSE JAPAN」が「アスタリスク」と資本業務提携
2022年10月14日、CANDY HOUSE JAPAN株式会社は、株式会社アスタリスクと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 CANDY HOUSE JAPANは、スマートロック「SE…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ