注目のスタートアップ

リモートワーク環境整備プラットフォーム「リモートHQ」提供の「HQ」が7億円調達

company

2022年11月16日、株式会社HQは、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。

HQは、社員ごとに最適なリモートワーク環境の整備をアウトソースできる福利厚生サービス「リモートHQ」を提供しています。

デスク・チェア・モニター・ウェブカメラなどリモートワークに必要な備品から、心身の健康をサポートするフィットネス機器・リフレッシュ家電など、1,000点を超えるアイテムのなかから、企業が設定したポイント(社員ひとりあたりの月額予算)の範囲内で社員が好きなものを自分で選択できます。

また、社員の在宅勤務におけるインターネット代、電気代を非課税で会社負担にできる新機能をリリースしました。

これにより「リモートHQ」は、在宅勤務手当を非課税かつ成果直結型で代替するソリューションへと進化しています。

今回の資金は、「リモートHQ」の開発強化、採用・組織体制の強化に充当する予定です。

新型コロナウイルス感染症の流行により、さまざまな企業・組織でリモートワークの導入が進みました。

このリモートワークの導入は予期していなかったことであるため、事前に準備ができず、適切なリモートワーク環境の構築ができず、リモートワークに取り組むなかで徐々に改善していくという企業がほとんどとなりました。

さらに従業員としても自宅に仕事環境を整えていないことも多く、インターネット回線の整備や、ワークチェアの導入などを個別に行った人もいます。

一方で、機能性の高いワークチェアは個人では手を出しにくい価格であるため、環境の構築ができず劣悪な環境で仕事を行っている人も少なくありません。

こうした環境を改善するため、福利厚生として在宅勤務手当などを支給する企業も増えています。

しかし在宅勤務手当は本来の目的で使用されていないことも多く、その使い道を把握することも困難です。また、在宅勤務手当は課税対象となるため、社員には所得税などの負担増、企業には社会保険料の負担増につながっています。

HQはこの課題を解決するため、金銭支給の在宅勤務手当ではなく、リモートワークに必要となるアイテムを社員が選んで利用できる福利厚生サービス「リモートHQ」を展開しています。

さらに、社員ごとの在宅勤務におけるインターネット代や電気代の経費精算をスムーズに行える新機能を追加し、リモートワークにおける生産性の最大化と、コスト削減を実現するプラットフォームとして進化しています。

快適な環境の整備は生産性の向上のために重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「リモートワーク手帳」では、生産性を上げるためのオフィスの作り方や、快適なリモートワーク環境を実現するツールについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HQ インターネット回線 プラットフォーム リモートHQ リモートワーク 整備 株式会社 環境 福利厚生 経費 資金調達 電気代 非課税
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ショッピングSNS「PARTE」運営の「REGALI」が資金調達
2020年3月16日、株式会社REGALIは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Kastane」「Discoat」などを運営する株式会社パルなど、複数のアパレル・ブランドとの連携を開始し…
パブリック・ブロックチェーン「Plasm Network」の開発をリードする「Stake Technologies」が2.5億円調達
2021年2月9日、Stake Technologies Pte Ltdは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Stake Technologiesは、日本発のパブリック…
「アドインテ」が「マックスバリュ西日本」と協業 リテールメディア「マックスバリュ西日本Ads」をリリース
2022年8月22日、株式会社アドインテは、マックスバリュ西日本株式会社と協業し、「マックスバリュ西日本Ads」(マックスバリュ西日本広告)の構築・運用をスタートしたことを発表しました。 アドインテは…
提案資料作成クラウド「SmartSlide」提供の「ワッツユアリッチ」が3,000万円調達
2021年12月1日、株式会社ワッツユアリッチは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 提案資料作成クラウド「SmartSlide(スマートスライド)」を提供しています。 提案書…
NPO・医療機関などの活動団体の継続的な寄付募集を支援する「READYFOR 継続寄付」正式版がリリース
2022年2月1日、READYFOR株式会社は、「READYFOR 継続寄付」の正式版をリリースしたことを発表しました。 「READYFOR 継続寄付」は、NPO・医療機関などの活動団体が継続的に寄附…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ