位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム開発・提供の「クロスロケーションズ」が2.2億円調達

company

2020年7月14日、クロスロケーションズ株式会社は、2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、東京理科大学ベンチャーファンドです。

位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム「Location AI Platform(ロケーションエーアイプラットフォーム、LAP)」を開発・提供しています。

AIにより位置情報ビッグデータから消費者行動の分析・見える化を行い、エリア・マーケティングの実施と効果測定を一気通貫で実行できるサービスです。

また、分析結果をもとに、新サービス「XL ロケーションベースアンケート」と「XL ロケーションベース広告」をLAP利用企業に提供しました。

「XL ロケーションベースアンケート」は、商圏が変わった場所・ユーザーなどにタイムリーに消費者調査が可能となるものです。

「XL ロケーションベース広告」により、これまで提供していたモバイル広告・オフライン広告(ポスティングなど)に加え、サイネージ広告、SNS広告の配信が可能となりました。

これまで、Webマーケティングにおいては、検索結果の上位に表示させるなどの対策を行うSEO対策が効果的とされていました。しかし、検索上位に表示させるための難度のアップや、ポータル・サイトが表示されてしまうことなどがあり、現在はMEO対策がホットなWebマーケティングとなっています。

MEO対策は、Googleマップ専用枠の上位に表示されるための対策のことです。実店舗を持つ事業者のみ登録できるため、純粋に商圏エリアで勝負することができます。

また、スマートフォンの普及により外出時にもインターネットで検索することが可能となりました。これらを要因として、エリア・マーケティングはマーケティング施策として重要なものとなっています。

もはや現代においてインターネットを活用したPRは必須ともいえます。しかし創業期はコストや知識の面から満足できるPRを行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、ネット初心者のためのネットPR方法など、ネットPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI エリア・マーケティング クロスロケーションズ ビッグデータ マーケティング 位置情報 情報 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ