分散型エネルギーシステムに関係するプレイヤーの共創の場「令和4年度分散型エネルギープラットフォーム」が開催

tips

2022年11月10日、経済産業省は「令和4年度分散型エネルギープラットフォーム」を開催することを発表しました。

経済産業省資源エネルギー庁は環境省と共同で、分散型エネルギーに関係する多様なプレイヤーが一堂に会し、取組事例の共有や課題についての議論などを行う場として、2019年から分散型エネルギープラットフォームを開催しています。

令和4年度は、これまで扱ってきた地域・家庭・企業/公的機関のほか、EVや水素など新たなテーマに関する意見交換会を12月より順次開催すると共に、3月に全体イベントを開催して全体の総括を行います。

「12月開催予定」
<テーマ(案)1 EV>
・新たな分散型リソースとしてのEV活用
<テーマ(案)2 配電>
・配電系統における分散型リソースの活用

「1月開催予定」
<テーマ(案)3 地域>
・地域連携協定・分散型エネルギーに対する自治体の関与方向性
・RE100/カーボンニュートラル産業団地実現に向けた課題抽出・連携検討
<テーマ(案)4 企業・公的機関>
・事業者連携による再エネ普及解決方向性検討
・特定業界・業態別の再エネ導入ノウハウ検討

「2月開催予定」
<テーマ(案)5 水素>
・自治体における水素活用
・自治体・企業連携による水素インフラの推進
<テーマ(案)6 熱>
・熱の面的利用に関する検討
・工場等における排熱の有効利用に関する検討

「年度内開催予定」
<テーマ(案)3 地域>
・地域プレイヤーを巻き込んだ分散型エネルギー普及のロールモデル探求

登録期限
2022年11月23日(水)16時00分

分散型エネルギーとは、小規模の地域内に分散するエネルギーの総称です。

これまでのエネルギーシステムは、大規模な火力発電所や原子力発電所を中心に、送電網を通じて各地に電力を供給する仕組みであり、大規模集中型エネルギーと呼ばれています。

大規模集中型エネルギーは、発電量が多い・発電効率が高いなどのさまざまなメリットがある一方で、送電ロスが増える、インフラの整備・保守にコストがかかる、災害・事故によるエネルギー供給停止のリスクが高いといったデメリットも抱えています。

2011年の東日本大震災によって大規模集中型エネルギーのリスクについて再認識され、近年の持続可能なエネルギーの利用を目的とした再生可能エネルギーの推進もあり、分散型エネルギーシステムの確立に向けた取り組みが進んでいます。

再生可能エネルギーには、住宅・ビルに設置された太陽光パネルや、事業所などに設置されたバイオマス発電など、小規模かつ地域に偏在するエネルギーが存在しています。

さらにEV(電気自動車)の普及も見込まれていますが、災害などの緊急時には、EVに積まれているバッテリーを電源として利用することも考えられており、新たな時代では、こうした分散型エネルギーを適切に利用できる仕組みを構築することが必要です。

他者(社)との関わりは起業やビジネスの成長においても非常に重要です。「冊子版創業手帳」では、人脈の広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 再生可能エネルギー 分散型エネルギー 分散型エネルギープラットフォーム 環境省 経済産業省 資源エネルギー庁
詳細はこちら

令和4年度分散型エネルギープラットフォームを開催します

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

自然エネルギー発電事業などを展開する「自然電力」がカナダの大手年金基金「CDPQ」から700億円調達
2022年10月24日、自然電力株式会社は、カナダのケベック州貯蓄投資公庫(Caisse de dépôt et placement du Québec:CDPQ)が全額引き受ける転換社債型新株予約権…
垂直軸型マグナス式風力発電機を開発する「チャレナジー」が「前澤ファンド」から12億円調達
2022年9月22日、株式会社チャレナジーは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社前澤ファンドです。 チャレナジーは、垂直軸型マグナス式風力発電機(マグナス風車)…
【12/15開催】ウェビナー「JCMプロジェクト実施によるサステナビリティ経営の促進」
環境省、一般社団法人海外環境協力センター(OECC)の主催によるウェビナー「JCMプロジェクト実施によるサステナビリティ経営の促進」が、2022年12月15日(木)に開催されます。 日本国は24の国と…
生産者の顔が見える再生可能エネルギーを個人・法人に提供する「みんな電力」が15億円調達
2020年10月26日、みんな電力株式会社は、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 生産者の顔が見える再生可能エネルギーを個人に提供する「顔の見える電力」や、法人向けに再エネ電力を提供…
太陽光発電所を所有・運営する「日本ベネックス」が三菱UFJ銀行の「脱炭素推進支援ローン」により2億円調達
2022年7月15日、株式会社日本ベネックスは、株式会社三菱UFJ銀行が提供する「脱炭素推進支援ローン」により、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本ベネックスは、1957年に創業した長…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ