注目のスタートアップ

クルマのサブスク「ノレル(NOREL)」展開の「IDOM CaaS Technology」が14億円調達

company

2022年4月12日、株式会社IDOM CaaS Technologyは、総額14億円の資金調達を実施したことを発表しました。

IDOM CaaS Technologyは、中古車販売「Gulliver(ガリバー)」サービス運営の株式会社IDOMからスピンアウトする形で生まれたスタートアップで、クルマのサブスクリプションサービス「ノレル(NOREL)」を展開しています。

「Gulliver」のネットワークを活かし、国内外の様々なメーカーから車を選び、月額1万円から定額で車に乗れるサービスです。

契約期間は最短30日で、30日ごとに継続・退会を決められるほか、毎月自由に乗り換えを行うことができます。

ほかに契約期間が1年~9年の新車プラン、乗り換え可能サイクルが90日・1年・2年ごとの中古車プランが用意されています。

今回の資金は、審査基準やAIを活用した残価予測の精度向上などFinTech領域の開発、車両マネジメントシステムの構築、カスタマーサクセス強化のための拠点拡大などに充当されます。

車のサブスクリプションサービスは、初期費用や維持費用が抑えられるため、ユーザーにとって大きなメリットがある車の利用方法のひとつです。車を所有するわけではないため、乗り換えなども比較的気軽に行えることも魅力のひとつでしょう。

自動車メーカーのトヨタも「KINTO」というサブスクリプションサービスを展開しており、2022年4月12日にはトヨタ初の本格電気自動車(BEV)である「bZ4X」を「KINTO」のみで提供し、サブスクでの提供中にも顧客からのフィードバックをもらいつつ車をアップデートしていくというユニークな展開方法を発表しています。

車のサブスクが注目されている理由としては、所有から利用へという消費行動の変化や、働き方改革などによりライフスタイルの変化が激しい時代となり、車を購入し所有するよりも、サブスクで一定の期間利用するという方法のほうがライフスタイルに合っているという人が増加していることなどが挙げられるでしょう。

IDOM CaaS Technologyは、中古車販売のガリバーのノウハウにより顧客に最適な車を提案できる力と、独自のプライシング技術、与信システムなどを武器としています。ほかの車のサブスクと比較すると、契約期間が短めに設定されているため、気軽に車を利用したい、頻繁に車を乗り換えたいというユーザーのニーズに応えるものとなっています。また、「ガリバー」という全国に約480店舗ある拠点を活用できることも強みのひとつです。

今後はさらに与信システムを強化し与信AIモデルを構築することで、与信審査が通らない人でも車を利用できるようなサービスへと成長させていくとしています。

サブスクは新たな時代の販売方法として広まっています。このモデルで継続的に収益を上げていくためには、様々な分析が必要となりますが、分析のためには専用のツールを導入しなてくはなりません。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Gulliver IDOM CaaS Technology NOREL ガリバー クルマ サブスク ノレル 中古車 株式会社 自動車 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

保険代理店「プロエージェント」がコロナ禍で困窮する飲食・環境・宿泊・アパレル業の再建を支援する「GROWTH」と提携
2020年9月15日、株式会社プロエージェントは、「GROWTH」と提携したことを発表しました。 プロエージェントは、三井住友海上火災保険株式会社の格付制度で最上位の新特級TGA保険代理店です。 「G…
クラウド会計ソフトの「弥生」が個人事業主向け市場で5年連続シェアNo.1に
2020年5月29日、弥生株式会社は、個人事業主のクラウド会計ソフト市場におけるシェアNo.1を獲得したことを発表しました。 これは、株式会社MM総研が2020年5月19日に発表した「クラウド会計ソフ…
画像解析と3Dプリンタによるオーダー・メイド・インソールなどの「ジャパンヘルスケア」が1,100万円調達
株式会社ジャパンヘルスケアは、総額約1,100万円の資金調達の実施を発表しました。 AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダー・メイド・インソール「HOCO(ホコウ)」を開発しています。 スマ…
犬の感情を表示するウェラブル・デバイス「INUPATHY」の開発元が1億円調達
2019年7月2日、株式会社ラングレスは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 犬の感情を5つの色で表す犬用ウェアラブル・デバイス「INUPATHY (イヌパシー)」を開発・展開していま…
チケット販売・管理システムを展開する「ECBOスクエア」が1.2億円調達
2022年4月4日、株式会社ECBOスクエアは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 直近では、2021年12月6日に総額4億6,000万円の資金調達を実施しています。 EC…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ