注目のスタートアップ

風況観測・シミュレーション・解析事業展開の「レラテック」が「豊田通商」と資本業務提携

company

2022年4月14日、レラテック株式会社は、豊田通商株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

レラテックは、高度な風況観測・シミュレーション・解析技術を有しており、風況調査とそのコンサルティングサービスを展開しています。

豊田通商は、ドップラーライダー(風況観測機器)やその燃料電池の販売を行い、風況観測におけるプロバイダーとしてサービスを展開しています。

今回の提携により、レラテックが展開する風況観測事業において、効率性と確実性を高めて機器調達ができるようになります。また豊田通商は、解析技術を含む風況観測サービスの提案と、ハードウェアとコンサルティングサービスを連携した事業展開が可能となります。

レラテックは神戸大学初の研究開発型ベンチャー企業です。気象工学のバックグラウンドを持っており、その知見とネットワークを活かして風力発電のための風況コンサルティング事業を展開しています。

風力発電は、太陽光発電と違って夜間でも発電可能であることや、環境負荷の低さが注目されており、欧州では主流の再生可能エネルギーのひとつです。

国内においても風力発電の普及については考えられているのですが、国内は欧州よりも風が弱く、また季節によっても風況が大きく変化することから、あまり風力発電に向かない土地であるといわれていました。

また、洋上(海の上)は比較的風が安定しているのですが、国内の海は深く、洋上風力発電所の設置も困難であると考えられていました。

しかし、近年の洋上風力発電所開発の進展により、浮体式という、海の上に浮かべた浮体の上に風車を立てるという方式が実現されました。これにより通常の風車よりもコストはかかりますが、国内の沖合でも風力発電所を設置することが可能となったのです。

浮体式の洋上風力発電はコストがかかるため、より風が強い場所に狙って設置しなくては建設コストを回収することはできません。そのため、特定の場所の風の吹き方である風況を調査・観測する技術の重要性が高まっています。

近年になってドップラーライダーという風況を観測できる技術/装置が高性能化・小型化されたこともあり、観測に関する環境が大きく変化しています。

風力発電は国による推進もあり大きな発展が見込める領域です。今後様々なプレイヤーの参入が目立つようになってくるでしょう。

研究開発には多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、ベンチャーキャピタルから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ コンサルティング シミュレーション ドップラーライダー レラテック 株式会社 洋上風力発電 観測 解析 豊田通商 資本業務提携 風力発電 風況
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ライナフ」がテレワークを前提とした不動産管理会社のリーシング業務を請け負うBPOサービスを開始
2020年4月13日、株式会社ライナフは、テレワークを前提としたリーシング業務(不動産賃貸業務)を請け負うBPOサービスを開始したことを発表しました。 入念なコンサルティングにより業務フローを洗い出し…
ブロックチェーンを活用した新規事業開発支援の「CryptoPie」とブロックチェーン関連サービスの提供などの「CryptoLab」が業務提携
2020年10月20日、株式会社CryptoPieは、株式会社CryptoLabと業務提携契約を締結したことを発表しました。 CryptoPieは、2016年からブロックチェーン業界に携わり、ベンチャ…
バーチャル空間「oVice」提供の「oVice」が「Zoom Video Communications」と業務提携
2021年11月29日、oVice株式会社は、Zoom Video Communications, Inc.と業務提携契約を締結したことを発表しました。 oViceは、バーチャル空間「oVice(オヴ…
建築学生向けサービス「BEAVER」運営の「ArchiTech」が3,500万円調達
2021年5月24日、ArchiTech株式会社は、総額3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建築学生向けに、設計作品共有サービス・建築ソフト学習サービス・就活支援サービスなどを提供…
データ・マーケティング・プラットフォーム「b→dash」の開発元が100億円調達
2019年8月6日、株式会社フロムスクラッチは、総額約100億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、米大手投資会社のKKRや、米大手投資銀行のゴールドマン・サックスなどです。 データ・…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ