注目のスタートアップ

コーヒー専門通販「PostCoffee」とコーヒーのサブスクリプションサービスを提供する「POST COFFEE」が4.3億円調達

company

2022年10月12日、POST COFFEE株式会社は、総額約4億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

POST COFFEEは、コーヒー専門の通販サイト「PostCoffee」と、コーヒーのサブスクリプションサービス「PostCoffeeサブスクリプション」を展開しています。

「PostCoffeeサブスクリプション」は、簡単な質問に答えるコーヒー診断により、約30万通りの組み合わせから好みのコーヒーが届くサブスクリプションサービスです。

届いたコーヒー豆にフィードバックを送ることで、好みが最適化されていくこと、届けているすべてのコーヒーがスペシャルティコーヒーであることを特徴としています。

「PostCoffee」は、2022年4月にローンチしたコーヒーの専門通販サイトです。

有名コーヒーショップのコーヒー豆と、世界20か国以上の自社焙煎コーヒーをラインナップしています。

15時までの注文は当日発送で、最短翌日にポスト投函されること、全国送料無料であることを特徴としています。

今回の資金は、小売店への卸売、小売店向けの商品開発、レストラン・カフェ・ホテルなどへのコーヒー豆の卸売など、オフラインのチャネル拡大に充当します。

全日本コーヒー協会「日本のコーヒー需給表」によると、国内のコーヒーの消費量は年々増加を続けており、1996年に約35万トンだった消費量が、2018年には約47万トンへと成長しています。

さらに、日本は世界のコーヒー消費量において4%を占め、EU、アメリカ、ブラジルに次ぐ消費量であるため、世界的にも大きな市場規模といわれています。

近年は、アメリカを中心としてスペシャルティコーヒーが流行しており、国内でもスペシャルティコーヒーを提供するカフェや、取り扱うロースター(焙煎所)も増えています。

スペシャルティコーヒーとは、生産から消費まで徹底した品質管理が行われている高品質なコーヒーのことです。

コーヒーが大量生産大量消費のモデルによって流通することにより、世界的にコーヒー価格が低迷していきました。これにより、零細のコーヒー豆農園は十分な利益を得られない状況に置かれています。

スペシャルティコーヒーは、コーヒーに美味しさやオリジナリティといった付加価値を持たせ、さらにコーヒー農園と直接取引をすることで生産者にも利益が還元されます。つまり、コーヒー豆の持続的な生産・流通を実現するための仕組みでもあるのです。

こうしたスペシャルティコーヒーは、流通量が少ないことから、ロースターは自社ECのみで販売するというケースが目立ちます。

一方で、消費者にとってこの状況はスペシャルティコーヒーを探すことが難しいという課題があります。

POST COFFEEは、このスペシャルティコーヒーの流通の課題を解決するため、コーヒーのショッピングモール「PostCoffee」を運営しています。

今後はオフラインでの販路拡大にも取り組み、スペシャルティコーヒーをさまざまな領域へと広げていくようです。

ECサイトはプロダクト販売のチャネルとして重要な存在です。ただ販売するだけでなく、企業・ブランドの価値観を発信するためのものとして活用することもできます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC POST COFFEE PostCoffee PostCoffeeサブスクリプション コーヒー サブスクリプション スペシャルティコーヒー 嗜好品 株式会社 資金調達 通販 食品 飲料品
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

リモートアクセスサービス「moconavi」提供の「レコモット」が資金調達
2022年7月15日、株式会社レコモットは、資金調達を実施したことを発表しました。 レコモットは、リモートアクセスサービス「moconavi(モコナビ)」を提供しています。 スマートフォン・タブレット…
信頼できるAI実現のための独自のソリューションを提供する「Citadel AI」が5.2億円調達
2023年7月12日、株式会社Citadel AIは、総額5億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Citadel AIは、信頼できるAI実現のための独自のソリューションを提供してい…
B2C事業者向けDXツール提供の「UPBOND」が1億円調達
2021年6月10日、株式会社UPBONDは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 B2C事業者向けの、顧客管理からアプローチまでを一元管理できるDXツール「UPBOND」の提供と、DX…
360度VRコンテンツを簡単に制作・編集できるクラウドソフトウェア提供の「スペースリー」が4億円調達
2022年9月6日、株式会社スペースリーは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スペースリーは、360度VRコンテンツを簡単に制作・編集できるクラウドソフトウェア「スペースリー」を開発…
スポーツジム向けオーダーメイドサプリメントサーバー「GRANDE」などを展開する「ドリコス」が3.3億円調達
2023年7月25日、ドリコス株式会社は、総額3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ドリコスは、ヘルスケアの領域で、データとハードウェアをかけ合わせ、健康の自動化を実現するヘルス…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】