注目のスタートアップ

Web接客ツール「OPTEMO」提供の「ジェイタマズ」が8,500万円調達

company

2022年1月18日、株式会社ジェイタマズは、総額8,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Web接客ツール「OPTEMO」を提供しています。

アポイントを取らずにその場で商談できる企業と顧客の新たな関係性を構築するWeb接客ツールです。

Webサイトに「OPTEMO」を設置することで、ワンクリックで顧客と音声通話を行うことができます。

また、訪問者が自社サイトのどのページを見ているかをリアルタイムで可視化し、顧客が求めるタイミングで企業から声がけをすることができます。

今回の資金は、「OPTEMO」の開発の加速や、採用活動に充当されます。

見込み顧客に対し、メール・電話・Web会議ツールなど活用して非対面で行う営業活動をインサイドセールスと呼びます。

新型コロナウイルス感染症の流行によって対面での営業活動が難しくなったことによりインサイドセールスの比重が高まっており、多くの企業も力を入れている領域です。

プロダクトのページや自社サイトに来訪してくれる人は、有望な見込み顧客となり得る可能性を秘めています。

サイト訪問者にアプローチするには、問い合わせフォーム・メールマガジン・資料提供などの手法がありましたが、より積極的なアプローチの需要も高まり、近年ではチャットボットが活用されることが増加しています。

ジェイタマズは、さらに一歩踏み込んだ積極的なアプローチの実現のため、サイト訪問者に直接音声通話ができる「OPTEMO」を提供しています。

チャットボットでは事前に設定した応答しかできませんが、音声通話ではより柔軟な対応ができるため、これまで得ることができなかった見込み顧客を得ることができるでしょう。

株式会社ジェイタマズ 共同代表取締役CEO 小池桃太郎 氏のコメント

このニュースを受けまして、株式会社ジェイタマズ 共同代表取締役CEO 小池桃太郎氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回の資金調達は開発の加速とそれに伴うエンジニア採用のために資金調達しました。

世の中にはない、新たなWEB体験を実現できるサービスとなるため、「当たり前」にするためには「良いプロダクト」を作る必要があります。

今回の資金調達によって、開発を加速し、より良いものをより早く社会へ実装し、新しい仲間を採用して「WEBサイトで話す」を当たり前にしていきたいと思います。

・今後の展望を教えください。

OPTEMOはテックリードのサービスですが、これからはAIを活用したディープテックのプロダクトへとさらに進化させます。

これまで接客やWEB上でのコミュニケーションは属人的で勘と経験に依存していましたが、AIを活用することによりインサイドセールスの可能性をさらに高めていきます。

大学との共同研究や企業との提携を進め、AIを活用することで「企業と顧客の関係性をWEBで最適化」していきたいと思います。

・読者へのメッセージをお願いします。

OPTEMOを通じて日本の商習慣を本気で変えていきます。

WEBサイトで会話することが当たり前の世の中を創出するためには、皆様のお力が必要です。

是非お気軽にお問い合わせいただきたいです。
OPTEMOの詳細についてお話させていただきたいです。

創業手帳は私が創業する時も大変お世話になりましたので、創業手帳の読者の方にはご恩をお返ししたいです。

営業は企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、リソースの足りない創業期は満足できる営業を行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、少しでも営業の成功率を上げるため、営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ OPTEMO Web接客 インサイド・セールス コミュニケーション ジェイタマズ 商談 株式会社 資金調達 通話 音声
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

1万円で100社に効果的に営業できるサービス「カイタク」が正式スタート
2020年4月3日、株式会社イメジンは、「カイタク」を正式スタートしたことを発表しました。 「カイタク」は、経験・知識が豊富なスタッフが厳選したターゲットに、プロのライターが作成したセールス・レターを…
AI技術の研究開発・ライセンス販売の「TRYETING」が資金調達
2019年10月1日、株式会社TRYETINGは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、あいぎん未来創造ファンド3号投資事業有限責任組合(静岡キャピタル株式会社)です。 AIなどの最先端の…
最安値のマスクなどを探せる「在庫速報.com」でおすすめマスクやフェイス・シールドの検索に対応
2020年6月12日、アスツール株式会社は、「在庫速報.com」の機能アップデートを行い、高評価で手頃な価格の“おすすめマスク”や“フェイス・シールド”の商品検索に対応したことを発表しました。 「在庫…
クラウド型ホテル運営ソリューション提供の「SQUEEZE」が9億円調達
2020年4月1日、株式会社SQUEEZEは、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型ホテル運営ソリューションを提供しています。 ICTとクラウド・ワーカーを活用して省人化された…
働き方改革・組織改革支援システム提供の「Qasee」が3億円調達
2021年12月24日、Qasee株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 働き方改革・組織改革支援システム「Qasee」を提供しています。 従業員ごとの業務状況を可視化・分析し…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ