注目のスタートアップ

ロボット・AIに関する教育事業や食品工場向けロボット事業などを展開する「アールティ」が資金調達

company

2022年9月30日、株式会社アールティは、資金調達を実施したことを発表しました。

ロボット・AIに関する教育事業や、食品工場向けロボット事業、ロボット・AIの自社開発、受託開発事業などを展開しています。

ロボット・AIに関する教育事業では、教育学習や研究開発に活用できるオリジナルロボットの開発・提供を行っています。

食品工場向けロボット事業では、食品の盛りつけを担う小柄な成人サイズの双腕人型ロボット「Foodly(フードリー)」を開発・生産・提供しています。

独自AIにより、ばら積みされた食材を認識し、それをピッキングして弁当箱・トレイに盛りつけることが可能です。

さらに、人と同じベルトコンベアラインで隣り合って作業ができる安全性も確保しています。

今回の資金は、「Foodly」の量産化に向けた開発・製造・保守メンテナンス体制の構築、.各種要素技術と人材育成のためのハードウェア/ソフトウェア研究開発の強化、採用強化に充当します。

人手不足にある製造業や物流倉庫などでは、省人化・自動化を実現する自律ロボットの実装にむけた取り組みが進んでいます。

自律ロボットとはAIを搭載することにより、人が操作をすることなく自分で判断して作業を行うロボットのことです。

製造業・物流では、形・大きさ・素材などが一定でないものをピッキングすることもありますが、従来のロボットでは事前に設定した動きしかできなかったため、柔軟なピッキングが困難でした。

自律ロボットはこの課題を解決できるため、さまざまな現場での導入が可能です。

将来的には、製造・物流におけるさまざまなプロセスで自律ロボットの導入・実装が進み、製造・生産における大部分が自動化されると考えられています。

現在は自律ロボット活用の第一歩として、対象物のピッキングや移動において取り組みが進められています。

ロボットは人間の手とは異なり、柔らかいもの、脆いものを掴むことが難しいのですが、アールティは食品という不定形かつ柔らかいものを取り扱う技術において強みを持っています。

革新的なプロダクトの開発には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Foodly アールティ フード フードリー ロボット ロボティクス 人型ロボット 受託開発 工場 教育 株式会社 研究開発 資金調達 食品
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

人材紹介会社向けの求人流通プラットフォームなど提供の「ROXX」が2億円調達
2020年12月7日、株式会社ROXXは、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2020年6月に9億円を調達しています。 ROXXは、人材紹介会社向けの求人流通プラットフォーム「age…
「リウボウ」が「Shima&Co」に出資 シード・テクノロジーを活用したプロテインの商品開発・販売へ
2023年3月24日、株式会社リウボウは、Shima&Co株式会社に出資したことを発表しました。 Shima&Coは、共同創業者であるザック・ベル博士が沖縄科学技術大学院大学で開発した技術である「シー…
風況観測・シミュレーション・解析事業展開の「レラテック」が資金調達
2021年11月24日、レラテック株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 風況観測、風況シミュレーション、風況解析事業を展開しています。 風況観測事業では、風力発電事業において必要となる風…
在宅透析のAIモニタリングツール「PD Doctor’s Eye」提供の「METRICA」が1億円調達
2021年8月11日、METRICA株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 腹膜透析(PD)の遠隔管理支援システム「PD Doctor's Eye」を提供しています。 カメラを…
アクセラレーター・プログラム「TOHOKU GROWTH Accelerator」が開催
2019年7月25日、株式会社MAKOTOキャピタルは、仙台市と共同で、「TOHOKU GROWTH Accelerator」を実施することを発表しました。 「TOHOKU GROWTH Accele…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】