注目のスタートアップ

明朗会計の家族葬「よりそうお葬式」など葬儀周辺サービス提供の「よりそう」が35.1億円調達

company

2022年1月12日、株式会社よりそうは、総額約35億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

明朗会計の家族葬「よりそうお葬式」や、地域の葬儀社の紹介サービス「くらべる葬儀」、僧侶紹介サービス「よりそうお坊さん便」など葬儀周辺サービスを提供しています。

葬儀を中心とした前後のタイミングまで一元的にサポートするライフエンディング・プラットフォーム(LEPF)構想の実現のためサービスを提供しています。

今回の資金は、LEPF構想の推進のための他業種との業務提携の検討、葬儀社のDX支援事業の本格化、採用強化、マスプロモーションの強化などに充当されます。

日本では高齢化の進展にあわせて年間死亡者数も増加傾向にあります。

そのため葬儀関連市場も安定成長が見込まれていますが、葬儀・供養・相続などのライフイベントには様々な課題があります。

特に葬儀業界はあまり情報が開示されておらず、たとえば最終的にいくら支払うことになるのかといったことは消費者には把握しづらいことであり、不安のひとつでもありました。

また、家族が亡くなるという辛い出来事がありながら、葬儀サービスの比較検討や手続きを行わなくてならないことも精神的な負担でもあります。

よりそうは、葬儀とその前後にあるライフイベントで感じる消費者の不安・負担を、一元的な支援・テクノロジー・安心感によって解消するため、葬儀周辺サービスを展開しています。

また、葬儀業界は旧態依然とした業界であるため、デジタル化・DXの重要性が認識されておらず、業務効率化が進んでいません。

葬儀はサービス業であるため、遺族のサポートやケアといったコア業務に課題を感じている葬儀社のためにも、よりそうはパートナー葬儀社のDX支援を行っています。

株式会社よりそうのコメント

このニュースを受けまして、株式会社よりそう よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

プレスリリースにも記載しましたが、①LEPF構想の推進、②葬儀社向け事業の立ち上げ、③マスプロモーションへの投資およびそれらに伴う④採用強化を実施するために資金調達を行いました。

・今後の展望を教えください。

本調達を通じ、ご遺族の不安によりそうことはもとより、新たに立ち上げる事業を通じ事業者課題も解決することで葬儀業界の負を解消するサービスを構築し、両面から業界構造の変革を促すプラットフォーマーとなることを目指します。

・読者へのメッセージをお願いします。

今回の資金調達は我々のビジョンである「社会によりそうライフエンディング・プラットフォームの創出」を実現する意欲がより明確に表現されたものになりました。

レートステージの調達ではよりソリッドになった事業戦略をドライブするために後押ししてくださる機関投資家や、事業の親和性により顧客にとっての付加価値を一緒に創造できる事業会社、コーポレートベンチャーキャピタルというように、事業ステージに応じ理想の投資家像や資本戦略は変わってきます。その時々で資本戦略を事業戦略とアラインさせることが各会社が描くビジョン実現の一助になると考えます。

我々もビジョン実現に向け事業推進に邁進して参ります!

DXはあらゆる領域に及んでいます。しかしDX推進のためのシステム・ツールの導入にはコストがかかるため、創業期は厳選して導入することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ くらべる葬儀 よりそう よりそうお坊さん便 よりそうお葬式 ライフエンディング 冠婚葬祭 株式会社 葬儀 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

緊急情報をAIで収集するサービスなどの「JX通信社」が5億円調達
2019年7月11日、株式会社JX通信社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 SNS上の災害・事故・事件などの緊急情報を、AIで収集するリスク情報SaaS「FASTALERT(…
飲食業界向け業務支援ソリューション提供の「イデア・レコード」が5億円調達
2021年8月4日、株式会社イデア・レコードは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 外食ビジネス特化型業務支援ソリューション「GATE(ゲイト)」や、飲食店特化型コールセンター「よやく…
不動産取引プラットフォーム「カナリー」運営の「BluAge」が12億円調達
2021年9月29日、株式会社BluAgeは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産仲介業者の業務をデジタル化する業務効率化ソリューション/お部屋探しアプリ「カナリー(CANA…
D2Cフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」など展開の「PETOKOTO」が「ベガコーポレーション」と資本業務提携
2021年10月7日、株式会社PETOKOTOは、株式会社ベガコーポレーションと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 PETOKOTOは、ペットライフメディア「PETOKOTO」や、独自の審…
AIアルゴリズム・モジュール開発やAI実装を展開する「日本データサイエンス研究所」が29億円調達
2020年10月19日、株式会社日本データサイエンス研究所は、総額約29億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 東大発のAI企業として、企業のDX推進や、企業へのAIの実装を展開しています。 …

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ