注目のスタートアップ

空飛ぶクルマ・ドローンのインフラ施設「Vertiport」などを開発する「ドローネクスト」が資金調達 「SKYSCAPE株式会社」に社名変更

company

2022年9月27日、SKYSCAPE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、社名をドローネクスト株式会社からSKYSCAPE株式会社へと変更したことも併せて発表しています。

SKYSCAPEは、空飛ぶクルマやドローンのインフラ施設であるVertiport(バーティポート)の開発や、ドローンによる空撮・測量などのオペレーションサービスなどを展開しています。

Vertiportとは、垂直着陸用飛行場であり、エアモビリティのメンテナンス・修理などのための施設・装備を備えていることを特徴としています。

SKYSCAPEは、ユニットハウスのなかにエアモビリティやドローンに必要なシステムを内包し、顧客の要望に応じてカスタマイズできるVertiportを設計・開発しています。

このVertiportの事業アイデアは、Plug and Play Japanが開催したアクセラレータプログラム「Smart Cities Bath 3」の成果発表会にて国内最優秀スタートアップ企業最優秀賞を受賞しています。

近年、開発が進んでいるエアモビリティであるeVTOLは、垂直離着陸が可能な電動マルチコプターです。

eVTOLは既存のヘリコプターと比べ、低い騒音レベル・低い操縦コスト・高い安全性といった点で優位性があり、空という広大な空間を活用できるモビリティとして将来的に社会実装されると考えられています。

世界ではスタートアップだけでなく、ボーイングやエアバスなど大手航空機会社などもeVTOLの開発に参入しており、実用化が近づいています。

また国内ではスタートアップのSkyDrive社が2025年の大阪・関西万博でのエアタクシーサービスの実現のため、eVTOLの開発を進めています。

eVTOLなどの本格的な運航のためには、都市部・郊外などに離着陸が可能なポートが必要となります。これをVertiport(バーティポート)といいます。

eVTOLはまだ本格的に実用化されていないプロダクトであるため、Vertiportについても最適な形は模索中となっています。

たとえば大型のVertiportは、高速道路のサービスエリアのようになるというコンセプトイメージもあります。

SkyScapeが構想しているVertiportは、工場で完成に近い箱型の形まで組み上げてから、現地に運んで設置するプレハブの一種であるユニットハウスを活用したものです。

ユニットハウスは増設や移設が容易であることから、商業施設などの一角や駐車場などをVertiportにできるようになるでしょう。

最新のプロダクトの開発には多くの資金が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、ベンチャーキャピタルから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eVTOL SKYSCAPE Vertiport インフラ ドローネクスト ドローン バーティポート 垂直着陸用飛行場 施設 株式会社 空飛ぶクルマ 資金調達 電動垂直離着陸機
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウド型AI診断支援ソリューション提供の「DeepEyeVision」が資金調達へ
2020年2月5日、DeepEyeVision株式会社は、資金調達を実施することを発表しました。 引受先は、株式会社ディープコアが運営するAI特化VCファンド「DEEPCORE TOKYO 1号 投資…
医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」など医療ICT事業を展開する「アルム」が247億円調達
2022年7月5日、株式会社アルムは、247億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ディー・エヌ・エーと、株式会社西武リアルティソリューションズです。 アルムは、以下のサービス…
「アイドマ・ホールディングス」とLINEを活用したフルファネルマーケティングを支援する「DOTZ」が資本業務提携
2022年10月14日、株式会社アイドマ・ホールディングスは、DOTZ株式会社と、資本業務提携することを決定したことを発表しました。 DOTZは、LINE公式アカウントを活用したフルファネルマーケティ…
音声プラットフォーム運営の「Voicy」が27.3億円調達
2022年7月13日、株式会社Voicyは、総額27億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Voicyは、音声プラットフォーム「Voicy」を運営しています。 審査を通過したパーソナ…
「digglue」がマテリアルリサイクルを加速させる新サービス「MateRe:」をリリース
2022年6月30日、株式会社digglueは、新サービス「MateRe:(マテリ)」のベータ版をリリースしたことを発表しました。 「MateRe:」は、マテリアルリサイクルを加速させるサービスです。…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ