注目のスタートアップ

ラストワンマイル配送プラットフォーム「CREW Express」運営の「Azit」が3.5億円調達

company

2022年5月11日、株式会社Azitは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Azitは、ラストワンマイル配送プラットフォーム「CREW Express(クルーエクスプレス)」を運営しています。

「CREW Express」は、ラストワンマイル配送の一括構築とDXを実現するプラットフォームです。

具体的には、コンサルティングチームによるプロジェクトの設計、配送パートナーの全国1万台以上のネットワークを活用した最適な配送パートナーの供給、リアルタイム位置情報を活用したAIによる適切な稼働管理を提供しています。

また、既存配送網の配送管理コストの削減や、配送効率の改善も行っています。

今回の資金は、プロダクト開発と組織体制強化に充当します。

ラストワンマイルとは、物流において顧客に物が届く最後の接点のことを指します。

EC大手のAmazonがこれほどまでにシェアを獲得できた理由には様々なものがありますが、特に配送スピードの速さは大きな特徴でした。Amazonは日本においては2009年から当日配送サービスを開始しています。当時、ここまでのスピード感で配送するEC事業者はほとんど存在しませんでした。それから配送スピードはECにとって差別化の要素のひとつとなっていったのです。

一方で、このスピーディな配送を実現するためには配送システムの最適化が必要となります。また、コスト面でも勝負できるように構築しなくてはならないため、配送システムを最適化するだけでなく、同時にコスト削減も図る必要があります。非常に困難な配送システムの構築が求められているのです。

Azitは、この配送システムの構築を支援するため、ラストワンマイル配送プラットフォーム「CREW Express」を提供しています。

「CREW Express」は、配達パートナーと荷主をマッチングするだけでなく、荷主企業のオペレーション設計から運用までを手がけることを大きな特徴としています。

企業の配送の一翼を担うという形になるため、比較的固定された配送が多くなり、配達パートナーには、長期・定期・曜日固定などの配達案件を提供することが可能となっています。

駅ナカやコンビニなどに設置されているモバイルバッテリースタンドにおけるバッテリーの回収・装填などに導入されていることを見るとその活用の幅が広く、今後の成長が期待されます。

新型コロナの影響により、ECはどのような業種でも重要なものとなりました。「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットを活用した集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Azit CREW Express DX クルーエクスプレス プラットフォーム ラストワンマイル リアルタイム 位置情報 株式会社 構築 物流 資金調達 配送
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

場・イベント・Webなどジャンルレスでクリエイティブ事業を展開する「BAKERU」が2億円調達
2020年10月19日、株式会社BAKERUは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、対話型推理劇体験コンテンツ「Murder Mystery(マーダーミステリー)」を都内3店舗…
オンライン・コミュニケーションの質を高める動画解析AIサービス提供の「I’mbesideyou」が1.15億円調達
2021年1月4日、株式会社I'mbesideyouは、総額1億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン・コミュニケーションに特化したマルチ・モーダルAIを提供しています。 …
中空型マイクロニードルを開発する「シンクランド」が4.2億円調達
2021年7月12日、シンクランド株式会社は、総額約4億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 光学設計・実装技術と高速電気信号処理技術をコア技術と、中空型マイクロニードルを開発してい…
グローバル人材育成eラーニング「INSIGHT ACADEMY」において特定講座の買い切り動画販売サービスを開始
2022年1月13日、インサイトアカデミー株式会社は、運営する「INSIGHT ACADEMY」において特定講座の買い切り動画販売サービスを新たに開始したことを発表しました。 「INSIGHT ACA…
子育て医療アプリ「あんよ」提供の「ジークス」が4,300万円調達
2022年3月16日、ジークス株式会社は、総額4,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 子育て医療アプリ「あんよ」を開発・提供しています。 新生児・乳児期の赤ちゃんを育てる母親の日常的な…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ