注目のスタートアップ

投資家向け企業分析SaaS「バフェット・コード」を開発・運営する「バフェットコード」が資金調達

company

2022年9月26日、バフェットコード株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

バフェットコードは、企業分析SaaS「バフェット・コード」を開発・運営しています。

EDINETやコーポレートサイトなどに散在する企業の情報を集約し、検索・比較できるようにした、投資家向けの企業分析サービスです。

今回の資金は、エンジニアやデータサイエンティストなどの人材採用、プロダクト改善、情報価値の高い外部コンテンツの購入、マーケティングなどに充当する予定です。

上場企業の財務データは公開されているため、目的のデータをひとつ入手することはそう手間がかかるものではありません。

しかし数十社の情報を取得し分析するとなると、大きな労力がかかってしまいます。

こうした情報を取得・分析するためのツール・システムもありますが、これらのツールは高価なものであるため、投資会社などしか利用できません。

そのため個人投資家は手作業で企業情報を取得し、エクセルなどに入力して分析するということが一般的でした。

「バフェット・コード」は、この個人投資家の課題を解決することを目的とした企業分析SaaSです。

さらに、企業ページの閲覧、スクリーニング、企業比較、業績のCSVダウンロードなど基本的な機能は無料で利用できるため、多くの投資家が必要とする企業情報にアクセスできます。

コロナ禍では、株式市場における個人投資家の週間売上代金は、2019年の4兆円から、2020年の5.5兆円へと増加しています。また、個人投資家の市場シェアは2019年の20%から、2020年4月以降は25%前後となっており、金融市場において個人投資家の存在感が大きくなってきています。

データ分析は一般的なビジネスにおいても重要性が高まっています。エクセルなど表計算ソフトで分析することもできますが、労力がかかってしまうため、専用のサービスを利用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SaaS バフェット・コード バフェットコード 企業 個人投資家 分析 投資家 株式会社 検索 比較 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

社会的インパクト投資プラットフォームや社会的インパクト可視化型のファイナンスサービスを展開する「インパクトサークル」が1.7億円調達
2022年10月19日、インパクトサークル株式会社は、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 インパクトサークルは、インパクト事業活動が生み出す社会的インパクトの定量・定性両面…
PropTech特化のVC「デジタルベースキャピタル」が設立
株式会社デジタルベースキャピタルは、自社の設立と、PropTechに特化した最大10億円規模のファンドを組成したことを発表しました。 デジタルベースキャピタルは、PropTechスタートアップ・コミュ…
SaaS開発/運営を容易にするプラットフォームを開発する「アンチパターン」が9,200万円調達
2022年4月6日、株式会社アンチパターンは、総額9,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アンチパターンは、SaaS開発/運営を容易にする、SaaS開発支援SaaSを開発しています。 …
工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」運営の「ファースト・オートメーション」が1億円調達
2021年10月29日、株式会社ファースト・オートメーションは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」の開発・運営や、工場自動化提案コ…
DXデザイン事業の「EdMuse」とベトナムの送り出し機関の「COCORO INTERNATIONAL JSC」が業務提携
2020年10月21日、EdMuse株式会社は、COCORO INTERNATIONAL JSC(所在地:ベトナム社会主義共和国ホーチミン市)と業務提携契約を締結したことを発表しました。 ブロックチェ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ