注目のスタートアップ

AI商談アシストプラットフォーム「Front Agent」提供の「Umee Technologies」が資金調達

company

2022年9月20日、Umee Technologies株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、「Front Agent」のベータ版を公開したことも併せて発表しました。

「Front Agent」は、AI商談アシストプラットフォームです。

社内トップセールスの商談を自動で教材化し、営業パーソンの学びを効率化することで、営業人材育成を仕組み化するサービスです。

さらに、実際のオンライン営業や、対面での会議、ビジネス電話での会話時に話術AIが自動同席し、リアルタイムで同席フォローを行います。

今回の資金は、「Front Agent」の開発、人材採用の強化に充当する予定です。

今後、高度な話術支援技術の提供や、CRMとの連携強化を目指します。

コロナ禍により、従来の足で稼ぐ営業から、デジタルを活用したオンラインでの営業であるインサイドセールス(内勤営業)への転換が進んでいます。

インサイドセールスとは、商談先に直接出向くのではなく、電話や、ビデオ通話、デジタルツールを活用してオンラインで行う営業のことです。

デジタルツールを活用するため、営業活動や顧客の情報を収集・蓄積しやすいという特徴があります。

インサイドセールスでは、このデータを活用することで営業の効率化・自動化や変革を実現することが可能です。

従来の営業活動では経験と勘によって物事を判断する部分が多くあり、ノウハウが属人化するという課題を抱えていました。

この状況では営業組織として持続的に成長していくことができないため、デジタルを活用した営業では、営業人材の成長のための仕組みや、営業の成果の可視化などを実現するシステムの導入が推進されています。

とくにAIは、これまで難しかった、会話の可視化・定量化(数値化)を実現しました。

営業・コールセンターでは、実際の顧客との会話を可視化・定量化し、それをもとにより良い業務の実現や、人材育成につなげることができます。

Umee Technologies株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Umee Technologies株式会社 代表取締役 新納弘崇氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

人材獲得による事業拡大です。

・今後の展望を教えてください。

直近では、より高度な話術アシストの実現と売り上げを多面的に最大化する高次元な営業RPAを計画しております。

また、中長期では一般生活でも話術アシストの世界を展開して参ります。

・読者へのメッセージをお願いします。

Front Agent®はSFAやCRMでは実現できていなかった、商談現場での新しい営業マネジメントシステムでもあります。

ユミーテクノロジーズは人の能力強化を軸に、本質的に生産性向上を実現する新しい世界観を提供していきます。

営業は企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、リソースの足りない創業期は満足できる営業ができないかもしれません。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、少しでも営業の成功率を上げるため、営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Front Agent Umee Technologies プラットフォーム 人材 仕組み化 商談 営業 営業活動 株式会社 育成 話術 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

定額制の全国住み放題・多拠点コリビング・サービス運営の「アドレス」が資金調達
2020年8月6日、株式会社アドレスは、資金調達を実施したことを発表しました。 定額制の全国住み放題・多拠点コリビング・サービス「ADDress(アドレス)」を展開しています。 “住居”を自由にするだ…
日本各地の生産物において特定期間の権利上のオーナーになることで特典を得られるサービス「Pocket Owners」がリリース
2022年6月7日、EXest株式会社は、「Pocket Owners(ポケット・オーナーズ)」をリリースしたことを発表しました。 「Pocket Owners」は、日本各地の生産物(農産物、水産品、…
月額定額制のシステム開発サービス「PROTO DIVER」 スタートアップ応援キャンペーンを開始
2020年12月2日、株式会社マイムは、「PROTO DIVER」でスタートアップ応援キャンペーンを開始したことを発表しました。 「PROTO DIVER」は、月額10万円からの定額制システム開発サー…
デジタル・マーケティング事業など展開の「インフィニティエージェント」が資本金を6,000万円に増資
2020年8月11日、株式会社インフィニティエージェントは、2020年8月7日付で資本金を6,000万円に増資したことを発表しました。 運用型広告をメインに、デジタル・マーケティングに関する総合的なコ…
「ティアフォー」と「ミナミホールディングス」がAI教習システムの製品化のため合弁会社「AI教習所株式会社」を設立
2021年5月14日、株式会社ティアフォーは、ミナミホールディングス株式会社と、合弁会社であるAI教習所株式会社を設立することに合意したことを発表しました。 ティアフォーは、2015年に名古屋大学の加…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ