毎月アスリートからのメッセージが届く「MONTHLY MSG.」がリリース

tips

株式会社PASUは、「MONTHLY MSG.(マンスリーメッセージ)」をリリースしたことを発表しました。

「MONTHLY MSG.」は、毎月、選手のビデオメッセージがついたオリジナルカレンダーが届くサービスです。第1弾は、J1のアビスパ福岡です。

添付されているQRコードを読み取ることで選手からのビデオメッセージを見ることができます。

メッセージの内容は、その月の抱負や、先月の振り返り、子どもの頃のその月の思い出などで、このサービス限定の内容となっています。

カレンダーは、毎月6種類(3名の選手×2種類)の中からランダムで届きます。試合スケジュールや選手の誕生日などが記載されています。

スマートフォンと動画プラットフォームの普及により、動画は非常に大きなコンテンツとなりました。

特にスマートフォンの普及は大きく、誰でも高解像度の動画の撮影が可能となったため、コミュニケーションの手段としても活用されています。

手軽に動画を撮影できる環境が整ったことで登場したサービスが、有名人などにビデオメッセージを依頼できるサービスです。

特にスポーツチームでは新型コロナウイルスの影響により大幅に収益が減り、新たな収益源の構築とファンとのつながりを強化する取り組みが求められました。そこでビデオメッセージサービスが新たな取り組みのひとつとして注目され、様々なサービスが登場しているのです。

その中でもPASUがリリースした「MONTHLY MSG.」は、ほかのビデオメッセージサービスから大きな差別化を図っていることが特徴的です。

ビデオメッセージサービスはファンひとりに対して特別なメッセージを送るというものですが、その分動画を撮影する選手などに大きな負担がかかります。またほとんどの場合が買い切りのサービスであるため、チーム・選手が継続的にファンとのつながりを強化することに活用することは困難でした。

「MONTHLY MSG.」は、カレンダーに60秒程度の限定のビデオメッセージをつけるというサービスです。これによりチーム・選手の動画撮影にかかる負担を最小限にし、利用料金を低く抑え、ライトなファン層へも訴求しています。

また、サブスクリプションモデルを採用することで継続的にファンとつながることができるサービスとしています。

ファンマーケティングは企業の価値を高めるためにも活用されています。このマーケティングはSNSでの情報発信やコミュニケーションが重要ではありますが、比較的コストがかからない方法であるため、創業期にも実施できるマーケティングのひとつです。「冊子版創業手帳」では、SNSの活用ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ MONTHLY MSG. PASU アスリート カレンダー スポーツ チーム ビデオ・メッセージ メッセージ 動画 株式会社 選手
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

セキュリティ診断サービスやWebエンジニア向けセキュリティ学習プラットフォーム「KENRO」提供の「Flatt Security」が2億円調達
2021年10月18日、株式会社Flatt Securityは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 システムに情報漏洩やデータの改竄につながるような脆弱性がないかを調査する「セキュリ…
業務委託契約書作成ツール「契ラク by Sollective」がリリース
2022年3月24日、株式会社ソレクティブは、「契ラク by Sollective」の提供を開始したことを発表しました。 「契ラク by Sollective」は、企業の採用担当者・フリーランス・副業…
再生可能エネルギーなどエネルギー・サービス事業の「Looop」が28.3億円調達
2020年6月30日、株式会社Looopは、総額28億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ENEOS株式会社、NECキャピタルソリューション株式会社、双日株式会社、日本グ…
解体工事の一括見積もりWebサービス「くらそうね」運営の「クラッソーネ」が8億円調達
2020年12月14日、株式会社クラッソーネは、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 解体工事の一括見積もりWebサービス「くらそうね」や、解体工事向け営業支援システム「くらそうねbi…
不動産会社向けオンライン型業務効率化SaaS「フォレスト」提供の「オープンルーム」と「全日本不動産協会」が業務提携
2020年10月26日、株式会社オープンルームは、公益社団法人全日本不動産協会と業務提携を開始することを決定したと発表しました。 オープンルームは、不動産会社向けオンライン型業務効率化SaaS「フォレ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ