注目のスタートアップ

セールスインテリジェンス「Sales Marker」を提供する「CrossBorder」が5,000万円超調達

company

2022年9月20日、CrossBorder株式会社は、5,000万円超の資金調達を実施したことを発表しました。

CrossBorderは、セールスインテリジェンス「Sales Marker(セールスメーカー)」を提供しています。

480万件の企業データベースと顧客の興味関心のデータであるインテントデータを活用することで、成約の確率が高いターゲティングを可能とするサービスです。

さらに、ターゲットの興味関心が高まっているタイミングをユーザーに通知し、アプローチするタイミングを知らせます。

また、リード情報を取り込むことで、社内に分散しているリードの名寄せ・情報の拡充を実現します。

今回の資金は、プロダクトの機能開発、データパートナーの構築、営業組織の強化に充当する予定です。

インテントデータとは、顧客の興味・関心を特定するデータのことです。従来は、自社サイト・サービスを利用するユーザーの行動履歴を分析して収集していましたが、近年はパートナー企業やベンダーからデータを取得できるようになり、より広いインテントデータの活用が可能になっています。

近年のBtoBマーケティングではこのインテントデータの活用がトレンドとなっています。

トレンドとなっている理由としては、前述の通りベンダーからインテントデータを入手できるようになったことや、企業がプロダクトやサービスを購入する際には、スペックや機能など合理的な判断から決定するため、プロダクト・サービスのメリットを売り込む必要があることなどが挙げられます。

BtoBマーケティング/セールスにおいてインテントデータを活用することで、より見込みが高い顧客にアプローチすることが可能となります。これにより営業やマーケティングの効率化を実現できます。

コロナ禍ではオンラインでの営業活動の比率が高まったため、商談会や飛び込み営業などとは異なるアプローチが求められており、インテントデータを活用した営業も新たな手法として浸透していくことが予測されます。

営業・マーケティングは、企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、さまざまなリソースが不足している創業期は、満足できる施策ができないかもしれません。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、リソースが不足している創業期でも効率的な営業ができるような営業ツールの導入などについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB BtoBセールス CrossBorder Sales Marker インテリジェンス セールス セールスインテリジェンス セールスマーカー データ 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「kintone」を活用したシステム開発などを展開する「ジョイゾー」が「八芳園」と業務提携 伴走型DX支援を推進
2022年6月22日、株式会社ジョイゾーは、株式会社八芳園と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 ジョイゾーは、サイボウズが提供する「kintone」のアプリ開発支援などにより顧客の課題解決を…
AI応用技術メディア「アイブン」運営の「Parks」が資金調達
2019年12月17日、株式会社Parksは、資金調達を実施したことを発表しました。 AI応用技術メディア「アイブン」を運営しています。 2019年12月現在、産業に使えるAI技術ナレッジを400件リ…
「RevComm」の音声解析AI電話「MiiTel」が2月末まで無償提供
2020年12月2日、株式会社RevCommは、「MiiTel」を2020年12月2日(水)から2021年2月28日(日)の期間、無償提供を実施することを発表しました。 「MiiTel(ミーテル)」は…
7/8開催予定のピッチコンテスト「IVS2022 LAUNCHPAD NAHA」 出場企業募集中 4/22〆切
2022年3月22日、IVS株式会社は、2022年7月8日に開催予定のピッチコンテスト「IVS2022 LAUNCHPAD NAHA」の出場企業の募集を発表しました。 出場企業の応募の締め切りは、20…
顧客体験パーソナライゼーションSaaS「ReviewBank」開発の「Revie」が1億円調達
2022年9月28日、株式会社Revieは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Revieは、顧客体験パーソナライゼーションSaaS「ReviewBank」を開発しています。 個々の顧…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ