注目のスタートアップ

「ジャングルX」が「SBIホールディングス」と資本提携 Web3事業推進に向けたJV設立に関して基本合意

company

2022年11月14日、ジャングルX株式会社は、SBIホールディングス株式会社との資本提携とシンガポールでの合弁事業会社設立に関して基本合意したことを発表しました。

ジャングルXは、オリジナルのスポーツリーグに関わるすべての人・団体(ファン・クリエイター・アスリート・行政組織)が報酬を得られるWeb3プロジェクトを、スポーツベッティングのノウハウなどを活かし、リアル・デジタル空間両方において展開することを目指しています。

開発しているWeb3プロジェクト。
「Project N」
・自在の人物・物に紐づいたキャラクターデータ(NFT)を保有した上で行われる育成型対戦ゲーム。
「Project O」
・NFT購入によってスポーツリーグの関係者となったファンを中心としたリーグ・チーム運営を可能とするプラットフォーム。ファンは監督・コーチ権を得られ、プレイなどの意思決定を共同で行うことができます。

プロスポーツは、トップ選手には億単位の年俸が支払われるほか、1試合あたり万単位の観客を動員する、多数のスポンサーを集める、多額の放送契約を結ぶ、巨大なスタジアムを建設するなど、一見華やかな世界に見えます。

たとえば、国内においてもっとも有名なプロリーグであるプロ野球では、2022年の選手の平均年俸は4,255万円となっています。また、一軍選手の平均年俸は約1億円となっています。

一方で、二軍選手の平均年俸は858万円と大きな開きがあります。平均858万円というといい数字のように思えますが、プロ野球選手の平均寿命は7.7年、戦力外・引退時の平均年齢は28.1歳(2020年)とかなり短いことを考慮に入れる必要があります。

スポーツ選手は生涯にわたって現役選手として生きていくことはほぼ不可能です。そのため選手を引退したあとのキャリア、つまりセカンドキャリアのことも考える必要があります。

NPB(日本野球機構)が発表した「2020年戦力外・現役引退選手の進路」によると、野球関係が76%、野球関係以外が13.5%、未定・不明が10.5%となっており、かなりの割合が野球関係となっていることがわかります。

その他のプロスポーツはこれらの数字よりも低いものであることを考えると、華やかなだけの世界ではないことがわかります。

また、スポーツビジネスのビジネスモデルは、ファン・視聴者からコンテンツの対価(チケット・グッズ・視聴料など)による収益と、広告主からの広告費による収益が主となっているのですが、コロナ禍によって試合の開催によって観客を集めることが難しくなり、ビジネスモデルそのものの脆弱さが示されました。

さらに、放映権・スポンサー・スタジアム建設など巨大な金額が動く部分は利権と隣り合わせであり、現在は巨大ビジネス化してしまったオリンピックにおいて数々の不正・汚職が明らかになっています。

ジャングルXは、このスポーツ業界の課題を、スポーツベッティングとNFT(やブロックチェーン技術)によって解決することを目指しています。

スポーツベッティングとはいわゆるスポーツ賭博のことであり、英国ではスポーツ文化と切り離せない存在として発展してきました。

米国においてスポーツベッティングは長年法律によって禁止されていたのですが、海外のオンラインスポーツベッティングの利用を禁止することはできず、国外に多額のお金が流出している現状があり、2018年に米国最高裁判所が法的解釈を変更し、スポーツベッティングの禁止を覆し、各州の決定によってスポーツベッティングが合法化されました。

国内においても海外のオンラインスポーツベッティングの利用はグレーゾーンであり、年間1.5兆円が海外に流出しているとの推計もあります。こうしたことから、国内においてもスポーツベッティング合法化に向けた議論が進められています。

企業の成長には戦略的な資金調達や提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ NFT SBIホールディングス Web3 クリエイター ジャングルX スポーツ スポーツベッティング ブックメーカー ベッティング 株式会社 資本提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

飲食店の余った料理とユーザーをつなぐ「TABETE」の運営元が資金調達
株式会社コークッキングは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、伊藤忠食品株式会社などです。 飲食店や販売店にてフードロスとなる恐れのある食事を、アプリで出品・購入できるフード・…
不動産の原状回復工事に特化したサービス「リモデラ原状回復」を提供する「REMODELA」が1.5億円調達
2022年8月26日、REMODELA株式会社は、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 REMODELAは、不動産の原状回復工事に特化したサービス「リモデラ原状回復」、内装…
テレワーク人材マッチング・プラットフォーム運営の「Remoteoffer」とオンライン秘書サービス提供の「your team.」が業務提携
2020年10月16日、株式会社Remoteofferは、your team.と業務提携契約を締結したことを発表しました。 Remoteofferは、リモートワーク・テレワーク人材に特化したSaaS型…
風況観測・シミュレーション・解析事業展開の「レラテック」が「豊田通商」と資本業務提携
2022年4月14日、レラテック株式会社は、豊田通商株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 レラテックは、高度な風況観測・シミュレーション・解析技術を有しており、風況調査とそのコン…
便失禁・尿失禁の治療を目的とした細胞治療の研究開発を行う「イノバセル」が27億円調達
2022年7月21日、イノバセル株式会社は、総額27億円の資金調達を実施したことを発表しました。 イノバセルは、切迫性・漏出性便失禁と、腹圧性尿失禁を治療するための細胞治療薬の研究開発を展開しています…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ