注目のスタートアップ

指輪型ウェアラブルデバイス「SOXAI Ring」を開発する「SOXAI」が3.15億円調達

company

2022年9月5日、株式会社SOXAIは、総額3億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

SOXAIは、指輪型ウェアラブルデバイス「SOXAI Ring(ソクサイ リング)」を開発しています。

心拍数・心拍変動・血中酸素レベル・体表面温度・活動量などのバイタルデータを測定できます。

取得したデータは独自アルゴリズムで分析し、睡眠状態・活動状態・ストレス状態・憂鬱レベルなどをアプリに表示します。

幅7.6mm、厚み2.5mmの指輪型のデバイスであるため、日常的に着用していても邪魔にならず、違和感もありません。

今回の資金は、機能の高度化、サービスのUI/UX向上に向けた開発の加速に充当します。

また、追加機能として運動時のバイタル測定機能・血糖値関連指標の測定機能・生理周期トラッキング機能・感情状態分析機能・NFC決済機能等の搭載に向けた研究開発も実施します。

Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」が発売されたのは2015年4月のことです。

この常時身に着けておくデバイスをウェアラブルデバイスと呼びます。

ウェアラブルデバイスは、メールや地図の確認、非接触決済、生体情報(バイタルデータ)の取得などで活用されています。

とくに生体情報の取得については医療・介護・ヘルスケアにおいて活用でき、ウェアラブルデバイスと連携したサービスが数多く開発・提供されています。

一方で、腕時計型のウェアラブルデバイスはある程度の大きさがあるため、常時身に着けておくことが煩わしいこともあります。

また、ディスプレイを搭載しているため消費電力が大きく、一度の充電での駆動時間が短くなってしまうという課題も抱えています。

ヘルスケアでは睡眠の質のチェックも重要ですが、寝ている間にウェアラブルデバイスを充電しないといけないとなると、睡眠のトラッキングができません。

また、睡眠時に腕時計型のウェアラブルデバイスを装着していることに違和感を抱く人も多いでしょう。

そのため、こうしたヘルスケアにおけるウェアラブルデバイスでは、身に着けていても邪魔にならず消費電力も小さい指輪型が主流になっていくと考えられています。

また、指は手首よりもバイタルデータの取得に向いているという特徴もあります。

すでに指輪型のウェアラブルデバイスは海外発のものがいくつか登場しており、スマートリングと呼ばれています。「SOXAI Ring」が国産のスマートリングとしてどのように受け入れられていくか注目が必要です。

新たな技術やプロダクトの開発には多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SOXAI SOXAI Ring アプリ ウェアラブル ウェアラブル・デバイス ストレス スマートリング ソクサイ リング データ デバイス ヘルスケア リング 分析 指輪 株式会社 睡眠 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

SNSの店舗アカウントを一括管理できるクラウドサービス運営の「カンリー」が4.6億円調達
2021年6月1日、株式会社カンリーは、総額約4億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Googleマイビジネスページや、HP、各種SNSアカウントの店舗情報を一括管理できるクラウド…
動画解析を活用した手術支援AI開発の「iMed Technologies」が1.7億円調達
2020年10月1日、株式会社iMed Technologiesは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 脳梗塞・くも膜下出血に対する脳血管内手術の安全な手術を実現するため、…
建設・土木の生産支援クラウド運営の「フォトラクション」が1億円調達
2019年3月29日、株式会社フォトラクションは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設・土木向け生産支援クラウド「Photoruction」を運営しています。 データ整理や資料作…
個人のお金に関する情報をオープンにする「OpenMoney」運営の「JUKKI」が6,000万円調達
2022年2月9日、株式会社JUKKIは、総額約6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 個人のお金に関する情報をオープンにするサービス「OpenMoney」を運営しています。 登録する…
子ども向けプリペイドカード「シャトルペイ」展開の「シャトル」が5.5億円調達
2022年7月6日、シャトル株式会社は、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「シャトルペイ」を正式リリースしたことも併せて発表しました。 「シャトルペイ」は、子ども…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ