注目のスタートアップ

「日本リビング保証」がオンライン業務アシストツール「LIVEアシスト」などを展開する「TECH MONSTER」と資本業務提携

company

2022年9月6日、日本リビング保証株式会社は、株式会社TECH MONSTERと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

日本リビング保証は、住宅・不動産領域で、保証サービス・金融サービス・アフター業務支援サービスを提供するHomeworthTech事業、住宅領域に限らない保証サービスを提供するExtendTech事業を展開しています。

TECH MONSTERは、オンライン業務アシストツール「LIVEアシスト」、SWF/FLAファイルをHTML5に変換するサービス「FTH(Flash to HTML5)」、Vtuber専用配信プラットフォームアプリ「Nijiking」を提供しています。

「LIVEアシスト」は、ユーザー(現場)とオペレーターの円滑なコミュニケーションをビデオ通話と便利ツールにより実現するツールです。

アプリのインストールは不要で、SMSに送信されたURLをクリックすることでWebブラウザから利用できます。

今回の提携により、「LIVEアシスト」を基盤とし、日本リビング保証が手掛ける住宅領域を中心とした保証業務における現地調査を簡略化する新規サービスを共同開発する予定です。

具体的には、現地調査において必要となる、一次症状のヒアリングや、不具合のある危機の調査、現場の写真撮影などを「LIVEアシスト」の技術基盤によってオンライン化し、現場調査立ち合い負担の軽減や工期の短縮を実現します。

不動産業、建設業、金融機関、不動産調査会社、不動産鑑定会社など不動産を取り扱う業界には、現地調査という業務があります。

不動産の住所や物件情報(建物構造・建物面積・土地面積)などは書類やネットで入手でき、ある程度の土地・物件の価値を計算することは可能です。

一方で、現地に行って不動産を確認すると、図面と実際の建物が異なる、建物が土地からはみ出している、シロアリなどの被害がある、家に傾きがある、近隣でトラブルが発生しているなどの書類ではわからない問題が生じていることがあります。

そのため、不動産を取り扱う際には、必ずといっていいほど現地調査を行い、対象の建物・土地を確認します。

それぞれの業界において現地調査でチェックするポイントは異なりますが、多くの場合確認すべき要素が多岐にわたり、業務に負担がかかっています。

TECH MONSTERと日本リビング保証は、この現地調査をオンライン化・デジタル化することで効率化することを目指しています。

企業ではどうしても非効率的な業務が発生してしまいます。とくに創業期はさまざまなリソースが不足しているため、ノンコア業務に時間がとられてしまうと成長の機会を逃してしまう可能性もあります。そのため創業期にはシステムを厳選して導入することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Liveアシスト TECH MONSTER ツール 不動産 住宅 保証 保証サービス 契約 日本リビング保証 業務 現地調査 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不動産のAI査定サービス「HowMa」運営の「コラビット」が資金調達
2021年8月17日、株式会社コラビットは、資金調達を実施したことを発表しました。 不動産のAI査定サービス「HowMa」を提供しています。 物件情報を入力することで、オンライン上で簡単に自宅の価格や…
クラウドファンディング・サイト運営の「CAMPFIRE」が資金調達 ECプラットフォーム運営の「BASE」と資本業務提携
株式会社CAMPFIREは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先であるBASE株式会社とは資本業務提携契約も締結しました。 CAMPFIREは、国内最大のクラウドファンディング・プラッ…
ARで内装を提案するアプリ「ゲンチロイド」の提供元が7,000万円調達!
平成30年4月17日、KAKUCHO株式会社は、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 実空間上にAR(拡張現実)で壁材・床材をシミュレーションすることで、消費者が施工後の部屋の…
Webメディア運営の「BuzzFeed Japan」が「朝日放送グループホールディングス」・「バリューコマース」と資本業務提携
2022年5月16日、BuzzFeed Japan株式会社は、朝日放送グループホールディングス株式会社・バリューコマース株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 これにより、Zホール…
音声認識AIを展開する「アーニーMLG」がコールセンター業務の議事録作成を自動化する「YOMEL for コールセンター」をリリース
2022年8月30日、アーニーMLG株式会社は、「YOMEL for コールセンター」を提供開始したことを発表しました。 「YOMEL for コールセンター」は、コールセンター業務におけるコールメモ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ