注目のスタートアップ

骨粗鬆症検診用AI医療機器を開発する「iSurgery」が8,000万円調達

company

2022年9月6日、iSurgery株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

iSurgeryは、胸部X線写真から骨密度を推測するAI医療機器を開発しています。

一般的かつ撮影頻度の高い胸部X線写真を用い、他の目的で撮影された画像を2次利用することで、骨粗鬆症検診の受診率を向上させることを目的としています。

今回の資金は、胸部X線写真から骨密度を推測するAI医療機器の薬事申請を目指した開発に充当します。

さらに今後、自治体、検診・健診組織、医療機関での試験導入を予定しています。

骨粗鬆症は、骨が脆くなり折れやすくなる病気です。

骨の丈夫さは加齢によって低下していくため、高齢になるほど骨粗鬆症になりやすく、さらに女性に多い病気となっています。

骨粗鬆症による骨折は治るまでに長い時間がかかることが特徴です。とくに足の付け根の骨を骨折した場合は、長い期間歩くことができないため筋力が低下し、そのまま寝たきりになる例もあります。

国内の骨粗鬆症の患者数は、2015年時点で女性980万人、男性300万人の計1,280万人と推計されています。高齢化に伴いさらに骨粗鬆症の患者は増加すると考えられます。

骨粗鬆症の初期はほとんど自覚症状がないため、早期に発見し骨粗鬆症を予防するためには定期的な検診が必要です。

一方で、骨粗鬆症の検診受診率は全国平均で5%しかありません。iSurgeryは検診率が低い理由として、骨密度計測に特殊な機器が必要であること、慢性疾患であり被検者の動機づけが困難であることを挙げています。

iSurgeryの胸部X線写真から骨密度を推測するAI医療機器は、何らかの検査でよく撮影されることがある胸部X線写真を2次利用し骨密度を推定するものであり、これにより骨粗鬆症検診受診率を向上させることを目指しています。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI iSurgery X線 レントゲン 写真 医療機器 株式会社 検診 胸部X線写真から骨密度を推測するAI医療機器 資金調達 開発 骨粗しょう症 骨粗鬆症
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」 家事代行の「代理手配」機能をリリース
2022年2月16日、株式会社タスカジは、運営する「タスカジ」において「代理手配」機能をリリースしたことを発表しました。 「タスカジ」は、家事をお願いしたい個人と家事を仕事にしたい個人をマッチングする…
ウェルネス・データ・プラットフォーム開発の「スマートスキャン」が資金調達
2019年11月22日、スマートスキャン株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 医療現場の徹底的なIT化を図ることで、低価格な自費診断の脳ドック検診サービス「スマート脳ドック」を提供するク…
日本語教育機関向けオンライン学習プラットフォーム運営の「Saola」が資金調達
2020年7月27日、株式会社Saolaは、資金調達を実施したことを発表しました。 日本語教育機関向けオンライン学習プラットフォーム「Saola」を開発・提供しています。 授業計画の配信や、オンライン…
ANAホールディングス 業績悪化と公募増資報道を嫌気して株価下落
ANAホールディングス(9202)の株価が、直近1週間で10%下落しました。9月26日付の日本経済新聞朝刊が「ANAHDが2,000億円規模の公募増資を検討していることがわかった」と報じ、1株利益の希…
日用品D2Cサブスクリプション・ブランド「GALLEIDO」展開の「SIKI」が資金調達
2020年12月25日、SIKI株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 日用品D2Cサブスクリプション・ブランド「GALLEIDO」を展開しています。 2020年12月現在、電動歯ブラシ「…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ