注目のスタートアップ

リモートセンシングで得られたデータを地理空間情報と時系列情報によって処理解析する「スカイマティクス」が13億円調達

company

2022年3月1日、株式会社スカイマティクスは、総額約13億円の資金調達を実施したことを発表しました。

リモートセンシングで得られたデータを、地理情報システム(GIS)技術によってWeb上に再現し、時系列情報を組み合わせることで時空間解析プラットフォームを構築しています。

時空間解析プラットフォームにより、たとえば農業領域では生産物の生育状態の把握や農地の可視化、建設・防災では土地・採石場など現場の可視化などを実現しています。

具体的には以下のサービスを提供しています。
・農家向けスマート農業サービス「いろは」
・自治体向け農業管理DXソリューション「いろはMapper」
・ドローン測量・現地管理DXクラウド「くみき」
・施設・設備情報管理システム「くみきスコープ」
・AI礫判読システム「グラッチェ」
・電波伝搬路支障木判定システム「くみきフレネル」 など

今回の資金は、これらサービスのセールス・マーケティング活動の強化、人材採用の強化などに充当されます。

日本では少子高齢化が進行しており、様々な業界で人手不足が大きな課題となっています。

特に農業は生活に欠かせない重要な産業ですが、2015年時点で農家の約6割が65歳以上と高齢化が目立ちます。高齢化によって生産力が落ちている農家も多く、テクノロジーの活用による省力化・効率化が必要です。

テクノロジーを積極的に活用する農業はスマート農業と呼ばれ、多くのスタートアップや大手企業の取り組みもあり、着実に市場が拡大しています。

スカイマティクスは、衛星やドローンなどリモートセンシングによって得られた情報をもとに、農業に限らず広い土地の状況を可視化する技術を有しています。

農業領域では、現場に足を運ばなくても農場の状況を可視化したり、作物の生育状態の把握を実現するサービスを提供し、スマート農業の推進を支援しています。

近年は宇宙ビジネスが盛り上がり、衛星データを活用しやすい環境が整ってきているといえます。

そのためリモートセンシングや画像解析分野の可能性が大きく広がっています。どのような課題解決に取り組むのか、その動向に注目が必要です。

デジタル時代において企業の利益を最大化させるためには、IoTなどのテクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ いろは いろはMapper くみき くみきスコープ スカイマティクス スマート農業 データ リモート・センシング 土地 情報 株式会社 測量 空間 管理 解析 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ラストワンマイル配送プラットフォーム「CREW Express」運営の「Azit」が3.5億円調達
2022年5月11日、株式会社Azitは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Azitは、ラストワンマイル配送プラットフォーム「CREW Express(クルーエクスプレス…
防災備蓄共同保有プラットフォーム「あんしんストック」展開の「Laspy」が5,000万円調達
2022年1月28日、株式会社Laspyは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 防災備蓄共同保有プラットフォーム「あんしんストック」を展開しています。 災害備蓄においてスペース…
遊びの予約プラットフォーム「アソビュー!」や観光・レジャー・文化施設向けSaaSなど提供の「アソビュー」が30億円調達
2021年12月24日、アソビュー株式会社は、総額30億円の資金調達を実施したことを発表しました。 遊びの予約プラットフォーム「アソビュー!」、観光・レジャー・文化施設向けSaaS、DXソリューション…
人材紹介会社向けの求人流通プラットフォームなど提供の「ROXX」が9億円調達
株式会社ROXXは、総額9億円の資金調達を発表しました。 人材紹介会社向けの求人流通プラットフォーム「agent bank」や、月額定額制リファレンス・チェック・サービス「back check」を運営…
「プロエージェント」と「三井住友海上あいおい生命保険」が共同でコンサルティング・サービスを提供
2020年10月22日、株式会社プロエージェントは、三井住友海上あいおい生命保険株式会社の経営コンサルティング・グループのサポートを得て、コンサルティング・サービスを開始することを発表しました。 プロ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ