注目のスタートアップ

気象連動型広告配信ツール「weathermarketing.net」を提供する「ルグラン」が「日宣」と資本提携

company

2022年8月31日、株式会社ルグランは、株式会社日宣と、資本提携を行うことで合意したことを発表しました。

ルグランは、気象連動型広告配信ツール「weathermarketing.net」を開発・提供しています。

降水量・降水確率・気温・風速・湿度・花粉の飛散量など9つの気象条件により、Google・Facebook・Instagram広告の配信を制御できるツールです。

日宣は、東京神田に本社を構える創業75年の総合広告会社です。クライアントのマーケティング課題に対し、戦略・企画・制作・実行・運用を一貫して支援しています。

日宣との資本提携により、気象データなどを活用し、生活者の役に立つ広告体験の創出を目的とした新たなインターネット広告モデルの構築・普及を加速します。

インターネット広告の主流な広告配信手法のひとつに、サイトを閲覧しているユーザーの行動履歴から最適な広告を配信するターゲティング広告があります。

ターゲティング広告では、ユーザーの行動を把握するため、表示された別の広告からサードパーティCookieを発行し、個人の行動データを記録し、それを広告配信に利用しています。

しかし、このユーザーの個人情報を利用するターゲティング広告の仕組みは、ユーザーが意図していない情報を収集することになるため、個人情報保護の観点から世界的に規制の流れとなっています。

国内では、2022年4月に改正個人情報保護法が施行され、サードパーティCookieなど個人関連情報は、第三者に提供し、個人情報を紐づける際にはユーザーの同意が必要となりました。

また、こうした規制の流れを踏まえ、GoogleはWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポートを、2023年半ばから段階的に廃止する見込みであることを発表しています。

将来的にサードパーティCookieを利用した広告配信の仕組みは使えなくなってしまうため、インターネット広告では新たな広告配信の仕組みが求められています。

「weathermarketing.net」は、気象データを活用した広告配信ツールです。

気温が22度を超えるとアイスが売れはじめ、30度を超えると氷菓やかき氷が売れるようになるそうです。

こうした天候・気温によって売れ行きが変動する商品・サービスというものは多くあります。

気象情報を利用した販売促進計画をウェザーマーチャンダイジングといいます。具体的には、天候に応じた仕入れ量の事前調整や、広告出稿の増減などを行っています。

「weathermarketing.net」は、ユーザーの所在地・店舗・施設と天候を合わせて、配信する広告の変更、オン・オフを自動で管理することで、天候に応じた広告配信を実現・効率化するツールです。

今後、Cookieレスの時代において、気象データを活用した広告配信への注目も高まっていくことが予測されます。

消費者の購買行動の変化やプライバシーの問題などにより、オンライン・オフライン共にPR・マーケティング手法の大きな変革が必要となっています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも低コストで実施できるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Cookieレス weathermarketing.net クッキーレス データ マーケティング ルグラン 企画 制作 広告 支援 日宣 株式会社 構築 気象連動型広告配信ツール 資本提携 運用 配信
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ユームテクノロジージャパン」が産業用ロボットのオンデマンド特別教育サービスを3月から提供開始
2022年2月21日、ユームテクノロジージャパン株式会社は、2022年3月から、産業用ロボットの特別教育サービスをオンデマンドで提供を開始することを発表しました。 ユームテクノロジージャパンは、オンラ…
検索型FAQ「Helpfeel」開発・提供の「Nota」が5億円調達
2021年3月2日、Nota株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 検索型FAQ SaaS「Helpfeel(ヘルプフィール)」を開発・提供しています。 「Helpfeel」は…
現代アートのECサイト運営の「TRiCERA」が1.15億円調達
2021年2月3日、株式会社TRiCERAは、総額1億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 現代アートのECサイト「TRiCERA.NET」や、ワン・ストップ・サービス型アート・スペ…
落とし物クラウドを開発する「find」が4,000万円調達
2022年8月5日、株式会社findは、総額4,150万円の資金調達を実施したことを発表しました。 findは、落し物クラウド「find(ファインド)」を開発しています。 落とし物にまつわる課題を解決…
分散型台帳ソフトウェア開発の「Scalar」が資金調達
2020年2月14日、株式会社Scalarは、資金調達を実施したことを発表しました。 分散型台帳ソフトウェア「Scalar DLT」を開発しています。 分散データベース・ソフトウェア「Scalar D…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ