注目のスタートアップ

在宅医療・介護向け訪問スケジュール管理クラウドを提供する「CareMaker」(旧:echelle)が資金調達

company

2022年8月30日、株式会社CareMakerは、資金調達を実施したことを発表しました。

また、社名(商号)を株式会社echelleから株式会社CareMakerに変更したことも併せて発表しました。

CareMakerは、在宅医療・介護に特化した訪問スケジュール管理クラウド「CareMaker(ケアメーカー)」を提供しています。

医師・看護師・介護士の訪問スケジュールを管理できるだけでなく、AIによって最適なスケジュールを自動で作成するため、スケジュール作成の効率化を実現できます。

他にも、スケジュールデータから、1日あたりの訪問件数、利用者の前月比などの経営状況を可視化し、データをもとにした経営判断を支援しています。

今回の資金は、プロダクト開発、サポート体制の拡充に充当します。

在宅医療や訪問介護では、人的リソースを最大化させるため、効率的な訪問スケジュールの作成が重要です。

しかし、訪問スケジュールの作成は、訪問先の希望、訪問時間、勤務時間、スタッフのスキル、ルートの最適化など、さまざまな要素を考慮する必要があり、非常に業務に負担がかかっています。

さらに多くの場合は、管理者・担当者によってエクセルなどの表計算ソフトを利用して作成されているため、効率的な訪問スケジュールの作成ができていない状況にあります。

CareMakerはこの課題を解決するため、「CareMaker」を提供しています。

移動効率の向上だけでなく、職員の負担を軽減するために訪問上限を設定できたり、希望シフトを配慮したスケジュール作成を行ったりといった機能も備えています。

2021年10月時点では、在宅介護を受けている人は約400万人で、施設利用者は約96万人となっています。

このように、在宅介護を受ける人のほうが多く、今後も高齢者の増加に伴い在宅介護・在宅医療のニーズも高まっていくと考えられます。

こうした状況の中、訪問スケジュールを最適化するサービスのニーズはさらに高まり続けていくでしょう。

スタートアップや中小企業はコストの面から複数サービスを導入することが難しいでしょう。そのためもっとも負担がかかっている業務から効率化していくことが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI CareMaker echelle クラウド ケアメーカー スケジュール スケジュール管理 介護 作成 効率化 医療 在宅 株式会社 業務効率化 自動 訪問 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマート南京錠サービス提供の「KEYes」が資金調達
2020年5月12日、KEYes株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 南京錠の鍵管理SaaSを提供しています。 スマートフォン・アプリから南京錠の解錠操作や、いつ・誰が・どこで解錠したか…
美容医療口コミ・予約アプリ運営の「トリビュー」が3.5億円調達
2019年8月8日、株式会社トリビューは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 国内最大級の美容医療の口コミ・予約アプリ「トリビュー」を運営しています。 ユーザーによる15万…
ダークストア型スーパーマーケット開発の「Mesh」が2億円調達
2022年3月16日、株式会社Meshは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ダークストア型スーパーマーケット「Mesh」を開発しています。ダークストアとは、ユーザーの来店がないデリ…
ホテルにもできる別荘をオンラインで販売する「NOT A HOTEL」が20億円調達
2022年10月14日、NOT A HOTEL株式会社は、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 NOT A HOTELは、ホテルにもできる別荘「NOT A HOTEL」をオンラインで…
支援プロジェクト「Hybrid Technologies Capital」の第9弾支援先として処方箋入力代行サービス「precal」を提供する「プレカル」が選定
2023年1月4日、株式会社ハイブリッドテクノロジーズは、支援プロジェクト「Hybrid Technologies Capital」の第9弾支援先として、株式会社プレカルを選定したことを発表しました。…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】