注目のスタートアップ

IoTプラットフォームを展開する「obniz」が3.5億円調達

company

2022年8月23日、株式会社obnizは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

obnizは、IoTプラットフォーム「obniz(オブナイズ)」を開発・提供しています。

電子工作の知識がなくてもJavaScriptでモノの操作・制御が可能なコントロールボード「obniz Board シリーズ」や、あらゆるBLEデバイスをIoT化する「obniz BLEゲートウェイ」、IoT向けオペレーションシステム「obnizOS」、「obnizOS」での制御を実現するモジュール・デバイス群「obnizカスタムデバイス」、「obniz Board」を活用した教育支援「obniz Education」、IoT開発受託/技術サポート「obniz Solution」などを展開しています。

「obniz BLEゲートウェイ」は、BLEデバイスのデータ収集や、IoTサービスへの連携を短期間・低コストで実現するIoTゲートウェイです。

データ収集・クラウド連携に機能を絞ることで、低価格化と扱いやすさを実現しています。

今回の資金は、「obniz」の開発加速、開発・セールス・カスタマーサクセスにおける人員獲得、体制拡充、認知向上のためのマーケティング、海外展開などに充当します。

IoTの開発では、ハードウェアの設計・開発などの電子工作・電子回路の技術、モノとネットをつなげるためのネットワークの技術、センサーを動かすためのプログラミングの技術といった、複数の技術・知識が必要となります。

このように非常にハードルが高い領域であるため、通常のITエンジニアよりも人材が少ないことが特徴的です。

一方でIoTの需要は、農業、介護、ものづくりなど多岐にわたるため、IoTエンジニアの育成や、IoT開発を簡単にするプラットフォームが求められています。

obnizは、ON/OFFやUART通信などのI/O制御(入出力制御)をクラウドのAPI経由で行う仕組みを実現しています。

このハードウェアのAPI化によって、どのプログラム言語でも、ハードウェアがどこにあっても連携が可能となっています。

この仕組みを使いやすいように、クラウドシステムと専用デバイスとして提供しているのが「obniz」です。

「obniz」を利用することで、ユーザーはシンプルにIoTを開発することができます。

デジタル時代において企業の利益を最大化させるためには、IoTなどのテクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IoT obniz obniz BLEゲートウェイ obniz Board obnizOS オブナイズ プラットフォーム プログラミング マイコンボード 小型 株式会社 資金調達 開発環境
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ライブ・エンターテインメントをxR技術で拡張する「LATEGRA」が資金調達
2020年7月17日、株式会社LATEGRAは、資金調達を実施したことを発表しました。 リアルとバーチャルを融合させたライブ・エンターテインメント制作事業を展開しています。 具体的には、CGデザインや…
セールスイネーブルメントクラウド提供の「ナレッジワーク」が2億円調達
2022年6月17日、株式会社ナレッジワークは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 2022年4月20日には、10億円の資金調達を発表しています。 ナレッジワークは、セールスイネーブル…
キャリア支援・採用支援の「ITプロパートナーズ」が10億円調達
2020年3月23日、株式会社ITプロパートナーズは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下の事業を展開しています。 ・IT起業家・フリーランスの自立を支える仕事紹介サービス「I…
プロeスポーツチームを運営する「BLUE BEES」が資金調達
2023年1月23日、BLUE BEES株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 BLUE BEESは、愛知県名古屋市を本拠地とするプロeスポーツチーム「BLUE BEES(ブルービーズ)」…
地域医療連携クラウドシステム「medigle」を提供する「メディグル」が5,000万円調達
2023年1月12日、メディグル株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メディグルは、地域医療連携クラウドシステム「medigle」を提供しています。 連絡先管理などが…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】