注目のスタートアップ

デジタル病理支援ソリューション「PidPort」を提供する「メドメイン」が「PSP」と資本業務提携 3億円調達

company

2022年7月26日、メドメイン株式会社は、PSP株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

また、メドメインはPSPを引受先とする第三者割当増資により3億円の資金調達を実施しています。

メドメインは、デジタル病理を支援するAI搭載クラウドシステム「PidPort」を開発・提供しています。

病理ガラス標本のデジタル化や、病理画像データのクラウドでの保管・管理、操作性に優れたビューワーによる画像の閲覧、症例の共有による離れた施設間のコンサルテーション・遠隔病理診断の支援、病理画像解析AIといった機能を搭載しています。

PSPは、大容量の医療情報データの管理システム「クラウドPACS」や、患者向けの画像・検査結果・薬などの医療情報の管理・共有アプリ「NOBORI」を展開しています。

今回の提携により、メドメインが開発・提供する病理診断関連技術を、PSPが提供するインフラ基盤やサービスに組み込みます。また、病理クラウドPACSなどの新たなシステム開発を進めていきます。

病理診断とは、人体から採取された標本を顕微鏡で観察し、病変の有無や種類を診断することです。病理と省略されて呼ばれることもあります。

専門的な知識が求められるため、専門医である病理専門医が行うことが多いものとなっています。

病理診断は病気の診断を確定する重要な役割を担っており、とくにがんの診断では欠かせないものとして認識されています。

がんは超音波検査・MRIなどによる画像検査など医療機器を利用した検査が行われますが、これはがんの疑いがある場所を発見するために行われており、そこから検体を採取し、病理診断によって病気が確定されます。

また確定診断以外にも、がんの切除手術におけるがん細胞の取り残しによる再発・転移を防ぐため、摘出した臓器を診断し、がん細胞の取り残しがないか診断するためにも病理診断が利用されています。

こうした重要な役割を担っている病理専門医ですが、2022年4月時点の病理専門医数は2,642名と人材が限られています。

メドメインは人材が限られている病理診断において、クラウドサービス「PidPord」を提供し、遠隔診断支援や病理診断の効率化に貢献しています。

メドメイン株式会社のコメント

このニュースを受けまして、メドメイン株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資本業務提携の目的は何ですか?

PSP株式会社は、PACS事業で多くの顧客を抱え、また弊社のPidPortと大きなシナジーをもつ製品を提供しています。今回の資本業務提携によって、弊社製品の大幅な営業力強化を見込んでおり、また、PSP社の製品とのシステム接続及び一部技術統合を行うことで、弊社製品の提供価値が大きく高まると考えています。これらを目的として今回資本業務提携に至りました。

・今後の展望を教えてください。

メドメインがコア技術をもつ、病理AIの研究開発をさらに加速させていくと共に、デジタル病理を推進する本業務提携等の取り組みによって、医療従事者の支援を行う弊社サービスの提供を益々進めてまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

メドメインでは、デジタル病理における取り組みを通して、医療現場への支援を行っています。

コーポレートミッションとして掲げる、テクノロジーでいつどこでも必要な医療が受けられる世界の実現を目指して取り組んでまいります。

人手不足が深刻になってきている中、業務効率化は多くの企業で喫緊の課題となっています。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI PidPort PSP デジタル デジタル病理 メドメイン 医療 画像 病理 解析 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIで客室の単価設定「メトロエンジン」が7億円調達!
メトロエンジン株式会社は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 人工知能(AI)を用いた、レベニュー・マネジメント・ツール「メトロエンジン」を開発・提供しています。 AIと機械学習技術…
日本とフランスで日本酒/SAKEを製造する「WAKAZE」が10億円調達
2023年1月11日、株式会社WAKAZEは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、宝ホールディングス株式会社と資本業務提携契約を締結し、業務提携に向けた協議を開始したことも発…
AIによる電力分析技術を活用したサービスを提供する「インフォメティス」が8億円調達
2020年2月20日、インフォメティス株式会社は、総額8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家庭全体の電力測定結果から個別家電の使用情報をAIで推定する技術(家電分離推定技術)や、家電の電力…
デジタル病理支援AI搭載クラウドシステム「PidPort」を提供する「メドメイン」が8.5億円調達
2024年4月18日、メドメイン株式会社は、総額8億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メドメインは、デジタル病理支援AI搭載クラウドシステム「PidPort」を提供しています。 …
オーダー・メイド・インソール「HOCO」開発の「ジャパンヘルスケア」が1,400万円調達
2019年12月27日、株式会社ジャパンヘルスケアは、総額約1,400万円の資金調達の実施を発表しました。 AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダー・メイド・インソール「HOCO(ホコウ)」…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】