注目のスタートアップ

サステナビリティに力を入れている企業と学生をマッチングする「エシカル就活」運営の「アレスグッド」が1.2億円調達

company

2022年7月5日、株式会社アレスグッドは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、サイバーエージェント・キャピタル、East Ventures、丸井グループです。

アレスグッドは、サステナビリティに力を入れている企業と学生をマッチングする「エシカル就活」を運営しています。

ジェンダー平等、気候変動、地方創生などの社会課題に取り組む企業の情報を掲載し、社会課題解決を志す学生とのマッチングをサポートしています。

2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)を発展させる形で2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。

SDGsは2030年までに持続可能でより良い世界をつくることを目指す国際目標で、「貧困をなくそう」「質の高い教育をみんなに」「ジェンダー平等を実現しよう」「気候変動に具体的な対策を」など17ゴールと169のターゲットが設定されています。

SDGsは消費者にも意識されるようになっており、企業のサステナブルな取り組みや環境に配慮した商品が好意的に受け入れられています。

積極的に人・社会・地域・環境に配慮した消費を行うエシカル消費を実施する消費者も増えており、今後さらにSDGsの意識が広まっていくと予測されます。

SDGsはより良い未来をつくるための目標であるため、とくにミレニアム世代・Z世代にとって重要なものとなっています。実際のデータでも若年層のほうがSDGsの意識が高いことがわかっています。

また、就職活動においても学生は企業のSDGsへの取り組みに注目しており、企業説明会や面接でSDGsへの取り組みについて質問する例などがあるようです。

一方で、SDGsウォッシュという、SDGsに取り組んでいるように見せかけている例もあります。SDGsは付加価値のひとつではありますが、コストのかかる取り組みでもあります。そのメリットだけを享受しようとするのがSDGsウォッシュです。

SDGsへの取り組みは企業が発信する情報がすべてとなることも多いため、消費者・学生側がSDGsウォッシュかどうかを見抜くことは困難です。つまり、学生がSDGsに熱心な企業に就職したいと思っても、その企業の取り組みが正しいのかどうかを判断することは難しいのです。

「エシカル就活」は、この課題を解決するため、企業の取り組みを精査して掲載することで、正しくサステナビリティに力を入れている企業と学生をマッチングしています。

SDGsに対する取り組みは、マーケティングにおいて重要視されはじめています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ESG SDGs エシカル エシカル就活 サステナビリティ マッチング 人材 企業 学生 就活 採用 新卒採用 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

エンジニア・デザイナー特化の副業採用プラットフォーム「offers」運営の「overflow」が1億円調達
2020年3月3日、株式会社overflowは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ハイ・クラス・エンジニアやデザイナーに特化した副業・複業採用プラットフォーム「Offers(オファー…
「インフィニティベンチャーズサミット」がピッチ・コンテスト「LAUNCHPAD」に登壇するスタートアップの募集を開始
株式会社インフィニティベンチャーズサミットは、「LAUNCHPAD」に登壇するスタートアップの募集を開始したことを発表しました。 「LAUNCHPAD」は、経営者が集う完全招待制カンファレンス「Inf…
クッキーレス広告「Candy」運営の「スリーアイズ」が資金調達
2021年10月4日、株式会社スリーアイズは、資金調達を実施したことを発表しました。 Cookieを参照しない次世代型のネット広告配信サービス「Candy」を運営しています。 独自開発の自然言語解析A…
新規の酵素探索や反応経路探索ができるプラットフォーム「digzyme Moonlight」展開の「digzyme」が1.5億円調達
2021年8月10日、株式会社digzymeは、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 有用化合物のバイオ合成系開発のための研究開発プラットフォーム「digzyme Moon…
決算開示業務効率化サービス「Uniforce」開発の「start-up studio」が1億円調達
2021年12月3日、株式会社start-up studioは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 決算開示業務効率化クラウドサービス「Uniforce」(β版)を提供しています。 も…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ