注目のスタートアップ

プラスチックのリサイクルを中心とした環境事業を展開する「esa」が1億円調達

company

2024年2月26日、株式会社esaは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、みやこキャピタル株式会社が運営するファンドです。

esaは、複合プラスチック素材を再利用可能なペレットに変換する独自技術「esa method」を用い、プラスチックのリサイクルを中心とした環境事業を展開しています。

具体的には、一般・産業廃棄物のリサイクルコンサルティングや、プラスチック廃棄物のリサイクル、プラスチックペレットの加工・販売、プラスチック製品の開発・販売を行っています。

今回の資金は、再生プラスチックのリサイクル素材のさらなる量産化を可能にするための設備増設に充当します。


現代社会は、石油由来製品によって支えられていると言っても過言ではありません。とくにプラスチックは安価、腐食しない、軽い、複雑な形状を作れるといった複数のメリットを有しており、現代社会において必要不可欠な素材として普及しています。

一方、プラスチック製品は燃やされる際に温室効果ガスを排出してしまうことや、海洋プラスチック問題、原料である石油資源に枯渇リスクがあることといった複数の問題を抱えています。

こうした資源に関する課題を解決するため、循環型社会実現に向けた取り組みが世界中で進められています。

循環型社会とは、資源の効率的な活用と環境への負担軽減を図る社会のことです。資源を再利用・循環させることで、効率的な利用と環境負荷低減を図るという考え方を基本としています。

一方、プラスチックのリサイクルにおいては、汚れているプラスチックや複合プラスチックのリサイクルには技術的なハードルがあることが課題となっています。

プラスチックのマテリアルリサイクルにおいては、分別収集・選別・洗浄といったプロセスがコスト増大の要因となっています。

esaの独自技術「esa Method」は、一般的なマテリアルリサイクルでは高コストになってしまう工程を、特殊技術によって工数削減することで、低コストかつ低エネルギーを実現しています。

これを用い、グリーンサステナブルケミストリー(環境に優しい化学)とサーキュラーエコノミー(循環型経済)の実現を目指しています。

ビジネスによって社会課題に立ち向かっていくためには、資金調達が重要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB esa esa method コンサルティング プラスチック ペレット リサイクル 再生 加工 廃棄物 株式会社 環境 産業廃棄物 製品 販売 資金調達 量産化
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

採用管理サービスを提供する「ZooKeep」が1.11億円調達
2023年2月16日、ZooKeep株式会社は、総額1億1,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ZooKeepは、採用管理システム(ATS)を提供しています。 応募者の一元管理、応募者…
専用カメラでジム運営をAI化する「GYMDX」を提供する「Opt Fit」が資金調達
2022年7月27日、株式会社Opt Fitは、資金調達を実施したことを発表しました。 Opt Fitは、ジム内に専用AIカメラを設置することでジム運営をAI化するサービス「GYMDX」を提供していま…
「TechCrunch Tokyo 2019」の“超早割チケット”が販売開始
TechCrunch Japanは、「TechCrunch Tokyo」を11月14日(木)・15日(金)に東京・渋谷ヒカリエで開催することを発表しました。 また、“超早割チケット”を2019年7月1…
新卒採用支援事業や島おこしインターンシップ「島キャン」を展開する「カケハシスカイソリューションズ」が資金調達
2022年7月1日、株式会社カケハシスカイソリューションズは、株式会社マイナビから、資金の追加調達を実施したことを発表しました。 カケハシスカイソリューションズは、新卒採用支援事業、中途採用支援事業、…
学生向け履修管理SNS「Penmark」運営の「ペンマーク」が4.1億円調達
2022年7月12日、株式会社ペンマークは、約4億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社前澤ファンドです。 ペンマークは、学生向け履修管理SNS「Penmark(ペ…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】