企業向けの働くサードプレイスポートフォリオ「テレスペ」がリリース

tool

2022年6月9日、テレワーク・テクノロジーズ株式会社は、「テレスペ」を提供開始したことを発表しました。

「テレスペ」は、従量課金制のサテライトオフィスのポートフォリオを組むサービスです。

社員の居住地、オフィスの立地、社員からのリクエスト、現在の利用状況をもとに、シェアオフィス・ホテル・レンタルスペースなどを組み合わせ、企業に合わせてスペースを用意します。

社員個人は、組み上がったポートフォリオから、自由にスペースを予約・利用することができます。

利用代金は毎月月末締めで法人に請求されるため、社員がスペースの利用時に立て替える必要はありません。

また、社員ごとの利用上限額の設定や、会社の負担率の設定など、柔軟な設定が可能です。

全国にあるスペースを組み合わせて提供するため、全国どこでもサービスを活用することができます。

今どのスペースをどのように組み合わせて利用すればコストカットと生産性の向上が実現できるのかといった、データにもとづいた経営判断を行うための「オフィスのポートフォリオサービス」へと成長させることを目指しています。

新型コロナウイルス感染症の流行によりテレワークが急激に普及しました。

テレワークでは自宅で仕事を行う人もいれば、自宅では集中できなかったり環境が整っていないなどの理由で、オフィス・自宅以外のスペースを借りて仕事を行う人もいます。

オフィス・自宅以外の作業場所として主なものはコワーキングスペースで、コロナ禍によって会社員の利用が増加しました。

ほかにも、カフェ、貸し会議室、ホテルのテレワークプランなど、さまざまなスペースが外での作業場所として利用されています。

これらのスペースの利用時に支払った費用は経費として計上できるため、会社はこういったスペースの利用や経費精算に関して一定のルールを設けることになります。

しかし従業員が利用したいスペースの種類が多岐にわたる場合、管理に負担がかかることが想像されます。

また従業員としてもスペースを利用するたびに領収書を切ってもらい、その費用を立て替えることになるのは面倒です。

「テレスペ」は、こういった課題を解決するサービスです。将来的にはスペースの利用を効率化・最適化するためのサービスとして成長させることを目指しているため、ハイブリッドワークなどオフィスの分散が進んだ時代では、重要なサービスとなるでしょう。

起業にはオフィスが必要となりますが、はじめてのオフィス契約ではどのようなオフィスを選べばいいのかわからないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、創業期におすすめする形態である、シェア・オフィスやコワーキング・スペースについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ オフィス コワーキング・スペース サテライト・オフィス シェア・オフィス シェアオフィス スペース テレワーク テレワーク・テクノロジーズ ホテル リモート・オフィス リモートワーク レンタル 企業 株式会社
詳細はこちら

企業向けの働くサードプレイスポートフォリオ『テレスペ』サービス提供開始のお知らせ

オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

毎月アスリートからのメッセージが届く「MONTHLY MSG.」がリリース
株式会社PASUは、「MONTHLY MSG.(マンスリーメッセージ)」をリリースしたことを発表しました。 「MONTHLY MSG.」は、毎月、選手のビデオメッセージがついたオリジナルカレンダーが届…
顧客対応クラウド「Re:lation」提供の「インゲージ」が10億円調達
2022年5月31日、株式会社インゲージは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 インゲージは、顧客対応クラウド「Re:lation(リレーション)」、社内外のメールを集約するメール共…
クラウドRPA「BizteX cobit」提供の「BizteX」が6.3億円調達
2020年4月20日、BizteX株式会社は、総額6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」を提供しています。 RPAとは、Robo…
食が好きな人が集まって一緒にご飯が食べられるグルメ・アプリ運営の「キッチハイク」が2.5億円調達
2019年12月3日、株式会社キッチハイクは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 “食べるのが好き”な人同士で集まってご飯が食べられるグルメ・アプリ「キッチハイク」を運営し…
「あせまねライフ」が株式投資体験アプリを活用した社員研修サービスを4月から提供開始
2021年2月23日、あせまねライフ株式会社は、「賢者のポートフォリオ」を活用した社員研修サービスを証券会社等の社員向けに2021年4月から提供する予定であることを発表しました。 「賢者のポートフォリ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ