注目のスタートアップ

高速3Dプリンターを開発・製造・販売する「グーテンベルク」が3,000万円調達

company

2022年5月27日、株式会社グーテンベルクは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

グーテンベルクは、FFF式3Dプリンターを開発・製造・販売しています。

2022年6月から、FFF式3Dプリンター「G-ZERO」の販売を開始する予定です。

「G-ZERO」は、高速造形を特徴とした業務用FFF式3Dプリンターです。

これまでのFFF式3Dプリンターの造形が遅いという欠点を克服しており、研究開発・加工現場での試作・製造を加速化します。

今回の資金は、FFF式3Dプリンターの開発・製造体制の強化、販売促進、人材確保の加速に充当します。

3Dプリンターとは、3Dのデジタルモデルデータをもとに、樹脂などを素材として物体を作り出す機械のことです。

業務用としては、ABSやポリカーボネートなど実製品と同じ工業用樹脂素材を使用して造形できる熱溶解積層方式の3Dプリンターが使われています。熱溶解積層方式は略称として、FFF式(Fused Filament Fabrication)もしくはFDM式(Fused Deposition Modeling)と呼ばれています。

実製品と同じ素材を使用できることから3Dプリンターでそのまま実際の部品として使用したりするDDM(Direct Digital Manufacturing)が可能となります。

一方でFFF式3Dプリンターには、その構造上精度を高くしようとすると造形が遅くなり、高速造形を可能にしようとすると精度が低くなるという課題があります。FFF式3Dプリンターには主にダイレクト方式とホーデン方式という2種類の方式があるのですが、上記の課題がそのままこの方式の違いとなります。

「G-ZERO」は、従来のFFF式3Dプリンターの弱点を克服し、高い精度を保ちながら、大きめの造形物であっても一日に複数個製作することを可能としています。

企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3Dプリンター FFF式3Dプリンター G-ZERO グーテンベルク ものづくり 株式会社 製造 販売 資金調達 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

トータル・ボディケア・ブランド「アイム ラフロリア」展開の「Mellia」が資金調達
2019年8月29日、Mellia株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 デリケート・ゾーン・ケアから始まるトータル・ボディケア・ブランド「アイム ラフロリア」を展開しています。 現在は、…
ブロックチェーン技術を活用したファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」展開の「Gaudiy」が25億円調達
2022年6月1日、株式会社Gaudiyは、総額25億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Gaudiyは、ブロックチェーン技術を活用したファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」を…
セルフトレーニングをサポートする鏡(姿見)型デバイス「MIRROR FIT.」提供の「ミラーフィット」が資金調達
2022年4月18日、ミラーフィット株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ミラーフィットは、自宅でのトレーニングをサポートする鏡(姿見)型のスマートデバイス「MIRROR FIT.」を開…
D2CブランドやD2Cソリューション事業を通じてファッション業界のDXを推進する「Brandit」が資金調達
2021年12月27日、株式会社Branditは、CRGホールディングス株式会社の子会社であるCRGインベストメント株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Branditは、自社生産…
AI面接サービス「SHaiN」提供の「タレントアンドアセスメント」が3.35億円調達
株式会社タレントアンドアセスメントは、総額3億3,460万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン・アプリなどを介してAIが面接を行うサービス「SHaiN」を提供しています。 応募者…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ