注目のスタートアップ

SRE特化型コンサルティング事業「Sreake」などを展開する「スリーシェイク」が7.48億円調達

company

2022年6月7日、株式会社スリーシェイクは、総額7億4,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。

スリーシェイクは、SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」や、セキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」、データ連携プラットフォーム「Reckoner(レコナー)」、フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」などを展開しています。

今回の資金は、SRE・セキュリティ領域でのブランディング強化、「Securify」・「Reckoner」のPSFに向けた開発とカスタマーサクセス人員の確保、マーケティング・セールス部門の組織体制と施策の強化に充当します。

SREとは、Site Reliability Engineeringの略称で、日本語では「サイト信頼性エンジニアリング」といいます。

SREはソフトウェアやサービスの品質を向上させるための開発手法です。

これまでのエンジニアリングでは開発と運用とでチームが分かれていました。しかし開発チームはソフトウェアやサービスの利便性を追求することを主眼においているため、運用チームの保守・管理の負担のことはあまり考えていませんでした。

SREはこの課題を解決し、サイトやサービスの信頼性を向上させるため、開発段階からソフトウェアエンジニアリングの技術により保守・管理しやすいシステムを開発したり、その開発のためのチームを作るという考え方です。

近年のIoT、AI、ブロックチェーンといった最先端技術は大きなイノベーションであり、開発の現場は凄まじい勢いで変化しています。

今までの事業会社はシステム開発を外部に委託するというスタイルを採用していましたが、このスタイルでは時代の変化に対応することが難しく、社内でシステムを開発する内製化へと舵を切る企業も増えてきています。

そのため、内製化にあたってSREなど新たな開発手法を取り入れたい企業向けに、開発経験の豊富なチームによるコンサルテーションなどのニーズが高まっているのです。

内製化を実現するには優秀なエンジニアの採用が必要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Securify Sreake コンサルティング スリーク スリーシェイク セキュリティ セキュリファイ 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

新型福利厚生サービス「前払いできるくん」運営の「Payment Technology」が2.5億円調達
株式会社Payment Technologyは、総額2.5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 株式会社東京スター銀行と株式会社みずほ銀行からの融資によるものです。 Payment Techn…
脳卒中後の重度運動障害向けリハビリの実現を目指す「LIFESCAPES」が7.2億円調達
2022年6月20日、株式会社LIFESCAPESは、総額7億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 LIFESCAPESは、BMI(ブレインマシンインターフェース)技術を活用した、脳…
上空シェアリング・サービス運営の「トルビズオン」が2,500万円調達
株式会社トルビズオンは、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 上空シェアリング・サービス「sora:share(ソラシェア)」を運営しています。 土地所有者とドローン・ユーザーを…
BtoB受発注システム運営の「CO-NECT」が2.1億円調達
2020年12月22日、CO-NECT株式会社は、2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 BtoB受発注システム「CO-NECT」を運営しています。 FAX・電話などのアナログな受…
人工衛星のデータを高速に受信できる地上局プラットフォーム「Skygate」開発「スカイゲートテクノロジズ」が資金調達
2020年8月26日、スカイゲートテクノロジズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド地上局プラットフォーム「Skygate」を開発しています。 人工衛星から地上にデータを転送する…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ