注目のスタートアップ

サブサハラアフリカの小規模農家向けに農業資材のファイナンスと農業のDX促進を展開する「Degas」が10億円調達

company

2023年1月13日、Degas株式会社は、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Degasは、サブサハラアフリカ(サハラ砂漠以南地域)の小規模農家向けに、テクノロジーを活用した農家ファイナンス事業を通じ、高品質な農業資材の提供から営農指導、集荷・貯蔵・販売を一気通貫で提供しています。

ファイナンスにあたっては、所属する60人以上のフィールドエージェントが農家データを収集・解析し、独自の与信判断アルゴリズムに則って行っています。

さらに、収穫したトウモロコシにはQRタグを付与し、袋単位でのトレーサビリティを確保しています。

今回の資金調達により、リジェネラティブ農業(環境再生型農業)とバイオ炭の施用を通じた二酸化炭素の吸収と、それに伴うカーボンクレジットの創出という脱炭素事業に進出します。

約15,000軒が参画する農家ネットワーク「Degas Farmer Network」、これまで蓄積してきたデータ、農業手法、テクノロジーなどを活用し、アフリカ最大のカーボンクレジット創出を目指します。


2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)では、「飢餓を終わらせ、食料安全保障および栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する」が目標として掲げられています。

2021年の世界の栄養不足人口は、約7億人〜約8億人と推計されており、その蔓延率は9.8%となっています。

コロナ禍は各国間・国内の格差を悪化させ、世界の飢餓はさらに上昇しています。

また、2030年時点においても6.7億人がいまだ飢餓に直面していると予測されています。

世界の栄養不足人口割合ランキングにおいては、トップ10のうちアフリカ諸国が6か国ランクインしており、さらにもっとも栄養不足人口割合が高いのは中央アフリカ共和国であり、その割合は59.6%となっています。

サブサハラアフリカにおける飢餓の主な要因は紛争や気候変動であるため、これらの課題を解決するためには先進国による支援が必要となります。

近年は、SDGsの推進やESG投資によりアフリカにおいても社会課題を解決する事業に資金が流れるようになってきています。

食糧危機など大きな社会課題を解決するためには、政府やNGOなどの取り組みだけでなく、ビジネスにより持続的に利益を上げられる仕組みを構築することも重要です。しかし社会課題解決型ビジネスはビジネスとして成立させるために大きなハードルがあります。「冊子版創業手帳」では、社会課題の解決を目指すさまざまな起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を乗り越えてきたかを知ることは、ビジネスの成長につながるはずです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX アフリカ カーボンクレジット サブサハラアフリカ ファイナンス リジェネラティブ農業 小規模農家 株式会社 環境再生型農業 脱炭素事業 資金調達 農家 農業 農業資材
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

電動マイクロモビリティー「Striemo」を開発する「ストリーモ」が2億円調達
2022年8月17日、株式会社ストリーモは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ストリーモは、電動マイクロモビリティー「Striemo」を開発しています。 キックボードに似た形の電動マ…
クラウド型売掛保証サービス「アラームボックス ギャランティ」 保証料無料で未入金リスクをゼロにするスタートアップ限定プランを提供開始
2022年6月22日、アラームボックス株式会社は、提供する「アラームボックス ギャランティ」において、スタートアップ限定プランの提供を新たに開始したことを発表しました。 「アラームボックス ギャランテ…
ノーコードアプリ開発プラットフォーム「applimo」運営の「ドコドア」が資金調達
2021年6月1日、ドコドア株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ノーコードアプリ開発プラットフォーム「applimo(アプリモ)」を運営しています。 初期費用0円、月額10,780円か…
チームのためのEメール「yaritori」提供の「Onebox」が2,000万円調達
2020年10月29日、Onebox株式会社は、2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社アプリコット・ベンチャーズです。 クラウド型メール・サービス「yaritori…
「Beverich」が資金調達 ノンアルコール飲料等専門のECサイト「Beverich」を正式リリース
2023年1月19日、Beverich株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Beverich」を正式リリースをしたことも併せて発表しました。 「Beverich」は、ノンアルコー…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ