国際物流サービスをワンストップで提供する「エフシースタンダードロジックス」に「D Capital」が資本参加

tips

2022年5月30日、エフシースタンダードロジックス株式会社とグループ企業の中外海運倉庫株式会社は、D Capital株式会社が運営する「D Capital 1号投資事業有限責任組合」が出資する特別目的会社の資本参加を受け、D Capitalを資本・事業パートナーとして迎えることを発表しました。

エフシースタンダードロジックスは、アジアをベースとした物流サービスを事業の中核とし、広範なネットワークを構築して顧客のニーズに応える国際物流サービスを一気通貫で提供するフォワーディング事業を展開しています。

ほかに、航空便より安く、船便より速い、中国からの荷物に特化した海上輸送サービス「海上速達便」や、デジタルフォワーディングサービス「D2D」を展開しています。

「D2D」は、中国から日本に製品を輸入する輸入貿易における海上輸入の手続きを簡素化・最適化できる物流サービスです。

海上コンテナ船の輸送サービス、日本国内における輸入通関、配送手配をひとつのプラットフォームで提供しています。

D Capitalが有するキャピタル、ネットワーク、テクノロジーを活用し、日本と世界を結ぶ国際物流のDXを目指します。

貿易は国と国をまたいだ取引であり、多様な利害関係者(ステークホルダー)が存在するため、非常に複雑で流動的なプロセスになります。

そしてこの取引に関わる情報伝達においては、書類・エクセル・電話・メールなどの多種多様な手段が使われており、非効率的な業務となっています。

その複雑さと関係者が多いことから、効率化を実現するためのデジタル化が難しく、デジタル化が進み始めたのはここ数年の話です。

貿易では、荷主と、航空会社や海運会社など貨物を輸送する業者(キャリア)の間に立ち、国際輸送を円滑に遂行するフォワーダーという事業者が存在しています。

フォワーダーは、キャリアからスペースを買い取りそれを必要とする荷主に再販売するといったことから、荷主に最適な物流の構築、特殊な貨物輸送のサポートといった、貿易全般にかかわる業務を行っています。

この手間がかかる貿易業務をデジタルの力によって効率化したフォワーダーをデジタルフォワーダーと呼びます。

今後、貿易のデジタル化はさらに進み、フォワーダーからこれまでの貿易では考えられないような革新的なサービスが登場する可能性もあります。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用し業務効率化を図ることが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ サービス ネットワーク フォワーダー フォワーディング ワンストップ 中国 国際物流 株式会社 海運 物流 船便 貿易 輸入 輸出 輸出入
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

産者と外食産業をつなぐSNS&仕入れアプリ「フレマル」がリリース
2021年6月21日、株式会社スマイルファームは、「フレマル」を2021年6月18日にリリースしたことを発表しました。 「フレマル」は、生産者と外食産業をつなぐ食の総合プラットフォームです。 生産者は…
位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム開発・提供の「クロスロケーションズ」が2.2億円調達
2020年7月14日、クロスロケーションズ株式会社は、2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、東京理科大学ベンチャーファンドです。 位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラ…
下膳自動化ロボット開発の「スマイルロボティクス」が4,500万円調達
2020年1月30日、スマイルロボティクス株式会社は、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 食店向けにホールにおける片付けオペレーションを省力化する下膳自動化ロボットを開発してい…
「あめつちデザイン」が宿をショールームにできる新サービス「体験Eコマース」をリリース
2022年5月17日、あめつちデザイン株式会社は、「体験Eコマース」を「渓流荘しおり絵」(長野県松本市)において、2022年5月6日から提供開始したことを発表しました。 「体験Eコマース」は、宿泊施設…
ネットでサービスを売れるサイト運営の「MOSH」が3億円調達
2020年10月16日、MOSH株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 個人やスモールチーム向けに、ネットでサービスが売れるプラットフォーム「MOSH」を運営しています。 ホー…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ