国際物流サービスをワンストップで提供する「エフシースタンダードロジックス」に「D Capital」が資本参加

tips

2022年5月30日、エフシースタンダードロジックス株式会社とグループ企業の中外海運倉庫株式会社は、D Capital株式会社が運営する「D Capital 1号投資事業有限責任組合」が出資する特別目的会社の資本参加を受け、D Capitalを資本・事業パートナーとして迎えることを発表しました。

エフシースタンダードロジックスは、アジアをベースとした物流サービスを事業の中核とし、広範なネットワークを構築して顧客のニーズに応える国際物流サービスを一気通貫で提供するフォワーディング事業を展開しています。

ほかに、航空便より安く、船便より速い、中国からの荷物に特化した海上輸送サービス「海上速達便」や、デジタルフォワーディングサービス「D2D」を展開しています。

「D2D」は、中国から日本に製品を輸入する輸入貿易における海上輸入の手続きを簡素化・最適化できる物流サービスです。

海上コンテナ船の輸送サービス、日本国内における輸入通関、配送手配をひとつのプラットフォームで提供しています。

D Capitalが有するキャピタル、ネットワーク、テクノロジーを活用し、日本と世界を結ぶ国際物流のDXを目指します。

貿易は国と国をまたいだ取引であり、多様な利害関係者(ステークホルダー)が存在するため、非常に複雑で流動的なプロセスになります。

そしてこの取引に関わる情報伝達においては、書類・エクセル・電話・メールなどの多種多様な手段が使われており、非効率的な業務となっています。

その複雑さと関係者が多いことから、効率化を実現するためのデジタル化が難しく、デジタル化が進み始めたのはここ数年の話です。

貿易では、荷主と、航空会社や海運会社など貨物を輸送する業者(キャリア)の間に立ち、国際輸送を円滑に遂行するフォワーダーという事業者が存在しています。

フォワーダーは、キャリアからスペースを買い取りそれを必要とする荷主に再販売するといったことから、荷主に最適な物流の構築、特殊な貨物輸送のサポートといった、貿易全般にかかわる業務を行っています。

この手間がかかる貿易業務をデジタルの力によって効率化したフォワーダーをデジタルフォワーダーと呼びます。

今後、貿易のデジタル化はさらに進み、フォワーダーからこれまでの貿易では考えられないような革新的なサービスが登場する可能性もあります。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用し業務効率化を図ることが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ サービス ネットワーク フォワーダー フォワーディング ワンストップ 中国 国際物流 株式会社 海運 物流 船便 貿易 輸入 輸出 輸出入
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

分散型コンピューティングパワー(計算力)を提供する「モルゲンロット」が「鹿島建設」と資本業務提携
2022年6月9日、モルゲンロット株式会社は、鹿島建設株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 モルゲンロットは、分散処理コア技術「Excalibur」を中核としたソフトウェア開発力…
ブロックチェーン証明SaaS提供の「LasTrust」が3,000万円調達
2020年5月1日、LasTrust株式会社は、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ブロックチェーン証明SaaS「CloudCerts」を開発・提供しています。 ブロックチェ…
イヌ・ネコ専用の活動量計を手掛ける「PetVoice」が1.5億円調達
2022年10月12日、株式会社PetVoiceは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 PetVoiceは、イヌ・ネコ専用の活動量計「PetVoice」と、データを動物病院…
ランナー向けサービス運営の「ラントリップ」が6,000万円調達
2020年12月25日、株式会社ラントリップは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下のサービスを提供しています。 ・ランニング・コースを見つけられるWebサービス「Runt…
起業家と投資家をつなぐピッチ動画プラットフォーム「GoToPitch」がリリース
2021年6月24日、ScientistPage株式会社は、「GoToPitch」をリリースしたことを発表しました。 「GoToPitch」は、ピッチ動画作成・録画機能とマッチング機能を併せ持つ、登録…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ