注目のスタートアップ

ヒトの末梢血リンパ球由来の完全ヒト抗体を提供する「イーベック」が「三菱UFJキャピタル」から資金調達

company

2022年5月31日、三菱UFJキャピタル株式会社は、株式会社イーベックに出資したことを発表しました。

イーベックは、北海道大学遺伝子病制御研究所名誉教授高田賢蔵氏が持つ、「EBウイルスを利用したヒト抗体産生技術」の実用化を目的に、2003年1月に設立されたベンチャー企業です。

ヒトの末梢血リンパ球から抗体を得るこの技術は、効能が高い完全ヒト抗体を安全に産生できるという特徴を持っています。

この技術をもとに、主に治療用抗体の開発と作製を展開しています。

また、イーベックは、新型コロナウイルスの治療のため、オミクロン株以前の変異株すべてを中和する可能性が示唆された抗体を用いて医薬品用抗体に取り組んでいますが、2022年2月3日に、この抗体がオミクロン株も中和する可能性が示唆されていることを発表しています。

抗体とは、体内に入り込んだ免疫反応を引き起こす異物である抗原(ウイルスや細菌など)を無力化したり、体外に排除したりするために作られるタンパク質のことです。

抗原が一番最初に入ってきたときには抗体は多くは作られず、そのため症状が重くなるのですが、次に同じ抗原が入ってきた時には抗体が迅速かつ大量に作られるため、感染を防止してくれるのです。

抗体医薬品とは、この抗体を利用した医薬品のことです。抗原をピンポイントで狙い撃ちするため、たとえばがん治療を目的とした抗体医薬品は、がん細胞の表面の抗原だけを攻撃します。抗体医薬品は、治療効果が高く副作用も少ない治療薬として注目されています。

抗体医薬品で用いられている抗体には、マウス抗体、キメラ抗体、ヒト化抗体、完全ヒト抗体の4種類があります。

抗体医薬品が誕生した当初は、マウス由来の抗体であるマウス抗体が臨床利用されていました。しかしマウス抗体は人間にとっては異物であるため、副作用の原因となります。そのためマウスを操作することなどにより、よりヒト抗体に近い抗体を作製する技術が開発され、現在ではヒト抗体遺伝子を導入したマウスから、完全ヒト抗体を作製できるようになっています。

一方で、マウスを操作しなくてはならないため、実験や開発が複雑になったり、得られる効果が変化してしまう可能性もあります。

イーベックの技術は、マウスから抗体を作製するのではなく、ヒトの体内にある抗体を取得しそれを増殖させるというシンプルな方法であり、開発がスピーディであるというメリットがあります。

一方で、ヒトに対する操作はできないため、目的の抗体を持った検体を入手しなければならないという課題があります。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ イーベック ウイルス 三菱UFJキャピタル 免疫 医薬品 完全ヒト抗体 実用化 抗体 抗体医薬 抗体医薬品 新型コロナウイルス 株式会社 治療薬 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不採用だった求職者を会社間で推薦し合える「HRport」を開発する「tabeco」が資金調達
2019年10月15日、株式会社tabecoは、資金調達を実施したことを発表しました。 不採用だった求職者を、別の会社に推薦できるプラットフォーム「HRport」を開発しています。 導入した企業は、た…
ゲノム医療情報ベンチャーの「Genomedia」が資金調達
Genomedia株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、住友商事株式会社、シップヘルスケアホールディングス株式会社、Aflac Ventures LLCです。 医療機関、研究機…
東京大学・松尾研究室発のAIスタートアップ「パンハウス」が資金調達
株式会社パンハウスは、資金調達を実施したことを発表しました。 パンハウスは、東京大学松尾研究室が開発したAIスタートアップ起業家育成プログラム「起業クエスト」の卒業1期生が創業したAIスタートアップで…
不動産領域の資産運用・管理プラットフォーム提供の「WealthPark」が9億円調達
2020年8月5日、WealthPark株式会社は、総額9億700万円の資金調達を実施したことを発表しました。 保有不動産の管理・運用をサポートし保有不動産の価値の最大化を支援するアプリ「Wealth…
夫婦の共有家計簿・貯金アプリ開発・運営の「OsidOri」が9,300万円調達
株式会社OsidOriは、総額約9,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 夫婦の共有家計簿・貯金アプリ「OsidOri(オシドリ)」を開発・運営しています。 夫婦共有のお金と個人のお金を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ